電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 16:25
FunCushion:プッシュ入力と発光出力機能を有するクッション型インタフェース
池田昂平東大)・小泉直也電通大)・苗村 健東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 日常の生活空間にはクッションやソファ等の柔軟物が存在する.これらの柔軟物の布地上での発光出力を実現する事ができれば,従来の硬いディスプレイに限らず,リビングのような休息を取る生活空間の中で柔らかな家具で情報提示を組み込む事が可能となる.しかし,柔軟物の表面や内部に光源を組み込むと布の手触りが損なわれる事や,明確な発光パターンを表現しにくいという課題がある.そこで本研究では,紫外光に反応する蛍光塗料を布地に塗布し,柔軟物の内部から紫外光を照射する事により,柔軟物のクッション性や布地の手触りを損なわずに鮮明な表示を実現する.さらに,出力方式に紫外光を用いる事により,従来の赤外光を用いた入力方式との統合を可能にし,プッシュ入力と発光出力機能を有するクッション型インタフェースを実現する.本研究では,出力の表示品質と入力の感度について評価を行い,最適な光源や素材の組み合わせを検討した.最後に,本システムの応用例を示す. 
(英) We use some soft furnitures such as cushions and sofas in living rooms. This paper proposes a method for utilizing soft furnitures as ambient displays by integrating light emitting function without compromising their softness. In particular, ultraviolet light and fluorescent material are introduced. This is because existing push detection technology for soft furnitures uses infrared light sources. FunCushion is a functional cushion interface that display iconic patterns by ultraviolet light and detect user's push by infrared light. The authors evaluate the quality of displaying and the accuracy of the push detection and show some applications.
キーワード (和) 柔軟物インタフェース / クッション / 紫外光 / 蛍光 / / / /  
(英) soft user interface / cushion / ultraviolet light / fluorescence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 412, MVE2016-42, pp. 347-352, 2017年1月.
資料番号 MVE2016-42 
発行日 2017-01-12 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 京都大学 吉田キャンパス 百周年時計台記念館 
開催地(英)  
テーマ(和) 人の生活・活動を支えるCV/PR/AR 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2017-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FunCushion:プッシュ入力と発光出力機能を有するクッション型インタフェース 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) FunCushion: A Functional Cushion Interface that can detect user's push and display iconic patterns 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 柔軟物インタフェース / soft user interface  
キーワード(2)(和/英) クッション / cushion  
キーワード(3)(和/英) 紫外光 / ultraviolet light  
キーワード(4)(和/英) 蛍光 / fluorescence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 昂平 / Kohei Ikeda / イケダ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 直也 / Naoya Koizumi / コイズミ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗村 健 / Takeshi Naemura / ナエムラ タケシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2016-151,IEICE-MVE2016-42 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.411(PRMU), no.412(MVE) 
ページ範囲 pp.347-352 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2017-01-12,IEICE-MVE-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会