電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 10:30
高速性と高信頼性を考慮したスマートフォン向けLED-カメラ間通信機構の設計と実装
恋塚 葵外園悠貴鈴木 誠森川博之東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IoT時代における低コスト・小型・直感的な情報取得手段として,スマートフォン向けLED-カメラ間通信が有効である.しかしながら,カメラのフレーム間に存在する記録不可能なギャップ時間により,高速性と高信頼性の両立が難しく,ID交換などの小容量データ送信に用途が限られていた.本稿では,パケットロスの周期性に着目し,高信頼性を維持しつつ高速な通信速度を実現するパケット繰り返し送信方式を示す.また,上記繰り返し送信に基づき,機種依存性のないクロック抽出とスタートコードの短縮を実現する変調方式とパケット化方式,フレーム輝度とPWMの立ち上がり特性を利用した誤り検出の設計を示す.実装評価により,本通信機構が同一設定にて多機種に実装可能であるとともに,既存方式の10~倍以上の通信速度を達成する高信頼な通信が実現可能であることを示す. 
(英) In the IoT era, LED-to-camera communication for smartphones is promising as low-cost, small-size, and intuitive data access to things. However; there are intermittent time gaps between camera frames, which makes it unsuitable for large data transfer and thus narrows its usage to simple applications such as exchanging a few tens of bits of ID. Towards this, we propose a packet retransmission strategy which leverages the periodicity of burst packet losses and achieve more than 10x throughput of previous works without data losses. In order to achieve high through put based on this strategy, we also propose modulation and packetization methods which facilitate the clock extraction and shorten start codes and an error detection method which leverages the frame brightness and rising up of PWM. The experimental results show that our communication method can be implemented in wide range of smartphone models.
キーワード (和) LED-カメラ間通信 / ローリングシャッター / IoT / 可視光通信 / / / /  
(英) LED-to-camera Communication / Rolling Shutter / IoT / Visible Light Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 406, MoNA2016-36, pp. 29-34, 2017年1月.
資料番号 MoNA2016-36 
発行日 2017-01-12 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN MoNA MICT  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 別府 花菱ホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的環境, 医療・健康・スポーツのための技術, スマートシティとモバイル通信, 技術展示および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2017-01-ASN-MoNA-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速性と高信頼性を考慮したスマートフォン向けLED-カメラ間通信機構の設計と実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Implementation of High-Speed Reliable LED-to-Camera Communication for Smartphones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LED-カメラ間通信 / LED-to-camera Communication  
キーワード(2)(和/英) ローリングシャッター / Rolling Shutter  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) 可視光通信 / Visible Light Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 恋塚 葵 / Aoi Koizuka / コイヅカ アオイ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 先端科学技術研究センター (略称: 東大)
Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 外園 悠貴 / Yuki Hokazono / ホカゾノ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 先端科学技術研究センター (略称: 東大)
Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 誠 / Makoto Suzuki / スズキ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京大学 先端科学技術研究センター (略称: 東大)
Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森川 博之 / Hiroyuki Morikawa / モリカワ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 先端科学技術研究センター (略称: 東大)
Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2016-36 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会