お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 10:00
強い色かぶりをもつ水中画像の鮮鋭化に関する検討
馬場達也京地清介奥田正浩北九州市大IT2016-91 SIP2016-129 RCS2016-281
抄録 (和) 本稿では水中画像における画像鮮鋭化手法を提案する.水中で撮影される画像は,特定色が画像全体を支配し,さらには霞がかっているため非常に不鮮明である.本稿では入力画像に対し,水中画像に特化したホワイトバランス補正を処理した後,色彩とコントラストの同時復元処理により,水中画像鮮鋭化を実現する.ホワイトバランス補正では,水の色と光源色が混ざりあう,特殊な色環境に対するホワイトバランス補正手法を提案する.一
方で画像鮮鋭化処理ではヘイズ除去手法の知見を基に,コントラストと色彩を同時復元する手法を提案する.実験において,従来の水中画像処理,ディヘイズ処理との比較により提案法の優位性を示すとともに,処理結果に対する対応点探索を行い,本手法が水中画像処理の前段処理として有効なことを示す. 
(英) This paper proposes a novel image enhancement method for underwater images. Since the underwater images have a strong dominance color, e.g. blue or green due to the water, they tend to be a non-colorful and a low-contrast image. Hence our image enhancement method consists of two steps, i.e. a white-balancing procedure and an enhancement procedure. For the white-balancing, we propose a specific method for the underwater images, which have a water color and an illuminant color. As for the image enhancement, we generate a color-enhanced image and a contrast-enhanced image from the white-balanced image and then integrate the two images. In the experiment, we show effectiveness our method by comparing with conventional methods for underwater image and dehazing methods. Additionally, SIFT correspondence search method is applied to an original image pair and our result pair, and it shows that the proposed image enhancement method is useful as pre-processing for underwater image processing.
キーワード (和) 水中画像処理 / 画像鮮鋭化 / ホワイトバランス補正 / / / / /  
(英) underwater imaging / image enhancement / white-balancing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 395, SIP2016-129, pp. 261-266, 2017年1月.
資料番号 SIP2016-129 
発行日 2017-01-12 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2016-91 SIP2016-129 RCS2016-281

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 大阪市立大学(杉本キャンパス) 
開催地(英) Osaka City Univ. 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, Learning, Mathematical Science, Communication Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2017-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 強い色かぶりをもつ水中画像の鮮鋭化に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image enhancement method for images fogged by colored water 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 水中画像処理 / underwater imaging  
キーワード(2)(和/英) 画像鮮鋭化 / image enhancement  
キーワード(3)(和/英) ホワイトバランス補正 / white-balancing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 達也 / Tatsuya Baba / ババ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 京地 清介 / Seisuke Kyochi / キョウチ セイスケ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥田 正浩 / Masahiro Okuda / オクダ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-IT2016-91,IEICE-SIP2016-129,IEICE-RCS2016-281 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.261-266 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-01-12,IEICE-SIP-2017-01-12,IEICE-RCS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会