電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 11:10
帯域可変大容量インタフェースにおける中間帯域リンクの高信頼化に向けた一検討
桑原世輝田中貴章乾 哲郎山田義朗小林正啓NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) バックボーンネットワークの大容量化,トラフィックの増大化・多様化に対して効率的・経済的に対応するため,B100G級インタフェースにおいて複数の物理リンクを用いて任意のレートを持つ論理的な中間帯域リンクを構成する技術が検討されている.本稿では,近年注目を集めている,Flexible Ethernet (FlexE) 技術を用いた中間帯域リンクに関して高信頼化に向けた要件を整理し,中間帯域リンクの高信頼化実現方法を提案する. 
(英) In order to efficiently and economically respond to backbone network capacity increase, traffic increase and diversification, a logical intermediate bandwidth link with arbitrary rate is selected by using plural physical links in B100G class interface technique has been studied. In this work, we summarize the requirements for high reliability on logical MAC links using Flexible Ethernet (FlexE) technology, which attracts attention in these days, and propose a method to realize high reliability of logical MAC links.
キーワード (和) B100G / 中間帯域リンク / Flexible Ethernet / / / / /  
(英) B100G / logibal MAC link / Flexible Ethernet / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 402, OCS2016-69, pp. 27-30, 2017年1月.
資料番号 OCS2016-69 
発行日 2017-01-12 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 九州産業大学 
開催地(英) Kyushu Sangyo University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2017-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域可変大容量インタフェースにおける中間帯域リンクの高信頼化に向けた一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Reliability Enhancement of Logical MAC Links for Large Capacity Bandwidth-variable Interface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) B100G / B100G  
キーワード(2)(和/英) 中間帯域リンク / logibal MAC link  
キーワード(3)(和/英) Flexible Ethernet / Flexible Ethernet  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 世輝 / Seiki Kuwabara / クワバラ セイキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 貴章 / Takafumi Tanaka / タナカ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 乾 哲郎 / Tetsuro Inui / イヌイ テツロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 義朗 / Yoshiaki Yamada / ヤマダ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 正啓 / Shoukei Kobayashi / コバヤシ ショウケイ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2016-69 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.402 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会