電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 09:20
固定長周期重畳図を用いたPLCの通信特性の解析
上野大二郎喜田健司佐野勇司木本伊彦東洋大)・石川博康日大)・篠永英之東洋大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) PLC (Power Line Communications) は次世代LAN (Local Area Network)の片翼を担う可能性を持つ通信システムである。しかしながら、そのパケット通信特性の詳細はあまり明らかにされていない。著者らは、パケットキャプチャ解析手法を応用し、受信パケット捕捉時間を特定の周期で折り返し重畳表示する、「固定長周期重畳図」と名付けた図とその作成方法を提案した。本稿では、同図のPLC通信解析に対する有効性を示すために、HD(High Definition)-PLCアダプタを用いて実験解析を行った。その結果、PLCアダプタが発するビーコン信号の電力線内での送信タイミングジッタを明らかにすると共に、固定長周期重畳図により、コンピュータ通信時の同ジッタの可視化、及び、評価を可能としたので報告する。 
(英) PLC (Power Line Communications) may be able to be a major communication system for next generation LAN (Local Area Network). However, the detail of its packet communication character is not clarified. The authors adapted packet capture analysis method, and proposed the new chart named “Long Fixed Period Superimposed Chart” and its making algorithm which superimpose captured timestamps of received packets in specific period. In this paper, experiments and analyses using HD (High Definition)-PLC adapter are conducted. As a result, a transmission timing jitter of beacon signal in the power line is clarified. Moreover, a visualization and an analysis of the jitter via computer network with long fixed period superimposed chart are achieved.
キーワード (和) 電力線通信 / 固定長周期重畳図 / パケットキャプチャ解析 / / / / /  
(英) Power Line Communications / Long Fixed Period Superimposed Chart / Packet Capture Analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 401, CS2016-71, pp. 43-46, 2017年1月.
資料番号 CS2016-71 
発行日 2017-01-12 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 九州産業大学 
開催地(英) Kyushu Sangyo University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2017-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 固定長周期重畳図を用いたPLCの通信特性の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of PLC Transmission Characteristics Using Long Fixed Period Superimposed Chart 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力線通信 / Power Line Communications  
キーワード(2)(和/英) 固定長周期重畳図 / Long Fixed Period Superimposed Chart  
キーワード(3)(和/英) パケットキャプチャ解析 / Packet Capture Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 大二郎 / Daijiro Ueno / ウエノ ダイジロウ
第1著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜田 健司 / Kenji Kita / キタ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 勇司 / Yuji Sano / サノ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木本 伊彦 / Tadahiko Kimoto / キモト タダヒコ
第4著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 博康 / Hiroyasu Ishikawa / イシカワ ヒロヤス
第5著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠永 英之 / Hideyuki Shinonaga / シノナガ ヒデユキ
第6著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2016-71 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.401 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会