お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-19 16:10
Rate-sum/ performance gain trade-off on IDMA-based MUD
Xue JiajieTadashi MatsumotoJAISTIT2016-76 SIP2016-114 RCS2016-266
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) The primary objective of this paper is to identify the impact of the source correlation on interleave division multiple access (IDMA) based multi-user detection (MUD) with soft successive interference cancellation (SSIC). The investigations over AWGN channel and frequency selective fading channel show that the IDMA system can achieve better bit error rate/ frame error rate (BER/FER) performance with higher source correlation via joint decoding process. Furthermore, a trade-off between rate-sum and performance gain is then analysed under the AWGN channel assumption through Slepian-Wolf (S-W) and MAC rate region, based on the sufficient condition of the problem of correlated sources transmitted over multiple access channel (MAC). This analysis shows that the equivalent rate-sum is lower with the higher source correlation and can help to flexibly allocate transmission rate in cooperative communication systems.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Correlated sources / IDMA / Slepian-Wolf theorem / MAC / Cooperative communications / Rate-sum / performance gain trade-off / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 396, RCS2016-266, pp. 177-182, 2017年1月.
資料番号 RCS2016-266 
発行日 2017-01-12 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2016-76 SIP2016-114 RCS2016-266

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 大阪市立大学(杉本キャンパス) 
開催地(英) Osaka City Univ. 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, Learning, Mathematical Science, Communication Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rate-sum/ performance gain trade-off on IDMA-based MUD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Correlated sources  
キーワード(2)(和/英) / IDMA  
キーワード(3)(和/英) / Slepian-Wolf theorem  
キーワード(4)(和/英) / MAC  
キーワード(5)(和/英) / Cooperative communications  
キーワード(6)(和/英) / Rate-sum / performance gain trade-off  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 薛 嘉杰 / Xue Jiajie / セツ カケツ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 正 / Tadashi Matsumoto / マツモト タダシ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-19 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2016-76,IEICE-SIP2016-114,IEICE-RCS2016-266 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.177-182 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-01-12,IEICE-SIP-2017-01-12,IEICE-RCS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会