お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-19 13:55
無線センサーネットワーク上でツリー寿命とツリー生成速度を最適化するデータ収集センサーツリー生成アルゴリズムの提案
松浦 洋NTTIT2016-62 SIP2016-100 RCS2016-252
抄録 (和) 無線センサーネットワーク上でデータ収集センサーツリーを生成し,ツリー上の各センサーノードがツリーに沿ってツリーの頂点ノードまでデータを転送するデータ収集方法は広く利用されている.ただし頂点ノード以外のツリー上のセンサーノードは電池稼働であり,電池エネルギーを効率よく利用することが求められる.本稿ではツリー生成アルゴリズム:ASAGAO (Assured Switching with Accurate GrAph Optimization) を提案し,ツリー上のいずれかのノードの電池が枯渇するまでのデータ収集サイクル数で定義されるツリー寿命とツリー生成速度を評価する.結果として既存アルゴリズムの中で最も優れたアルゴリズムであるRaSMaLaiと比較し,ASAGAOがツリー寿命とツリー生成速度の両方で優れていることを示す. 
(英) Data gatherings that forward sensor data through sensor nodes on a sensor tree up to its root node are widely used in wireless sensor networks. However, all the sensor nodes except for the root node on a data gathering tree are run with batteries, thus it is required to save the energy of the batteries efficiently. This paper proposes a tree creation algorithm named ASAGAO (Assured Switching with Accurate GrAph Optimization), and its tree lifetime, which is defined as the number of data gathering rounds until the first sensor node on the tree depletes its battery energy, and tree creation time are evaluated. As a result, it is demonstrated that ASAGAO is superior to the best-performed algorithm, RaSMaLai, among the existing algorithms in terms of tree lifetime and algorithm speed.
キーワード (和) マルチホップWSN / データ収集センサーツリー / 省エネルギールーティング / / / / /  
(英) multi-hop WSN / data gathering sensor tree / energy efficient routing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 396, RCS2016-252, pp. 93-98, 2017年1月.
資料番号 RCS2016-252 
発行日 2017-01-12 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2016-62 SIP2016-100 RCS2016-252

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 大阪市立大学(杉本キャンパス) 
開催地(英) Osaka City Univ. 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, Learning, Mathematical Science, Communication Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線センサーネットワーク上でツリー寿命とツリー生成速度を最適化するデータ収集センサーツリー生成アルゴリズムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Data-Gathering Sensor Tree Creation Algorithm Optimized in Tree Lifetime and Algorithm Speed in WSN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップWSN / multi-hop WSN  
キーワード(2)(和/英) データ収集センサーツリー / data gathering sensor tree  
キーワード(3)(和/英) 省エネルギールーティング / energy efficient routing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 洋 / Hiroshi Matsuura / マツウラ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph And Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-19 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2016-62,IEICE-SIP2016-100,IEICE-RCS2016-252 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-01-12,IEICE-SIP-2017-01-12,IEICE-RCS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会