電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-19 10:50
位置ずれに強い長方形コイルの検討
坂柳佑治桑原義彦静岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 送電側と受電側の配置を工夫した長方形コイルを使用した無線電力伝送システムの検討を行った.本システムはコイル間で水平方向に位置ずれが生じた場合でも,結合係数kの変化を抑え,高い伝送効率を維持できる.また,同じ面積の方形コイルと比較することで,長方形コイルを使った無線電力伝送システムの優位性を示した.実験より,周波数13.56MHz,コイル間距離10cmで位置ずれが生じた場合でも,電力伝送効率85%以上を達成した. 
(英) We examined a wireless power transmission using the rectangle coil which devised how to place on the transmission and reception side. When a position gap occurs horizontally, it suppressed the change of coupling coefficient k and maintained high efficiency. In addition, the superiority of the rectangle coil is demonstrated by comparing with the square coil. By an experiment, when a position gap occurred under conditions of airgap of 10cm at 13.56MHz, transmitting efficiency of more than 85% can be achieved.
キーワード (和) 無線電力伝送 / 磁界共振結合 / 長方形コイル / 位置ずれ / / / /  
(英) Wireless Power Transmission / Magnetic Resonance / Rectangle Coil / Position Gap / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 398, WPT2016-47, pp. 27-32, 2017年1月.
資料番号 WPT2016-47 
発行日 2017-01-12 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP WPT  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 広島工業大学 
開催地(英) Hiroshima Institute of Technology 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2017-01-AP-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位置ずれに強い長方形コイルの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of a Rectangular Coil Withstanding a Position Gap 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / Wireless Power Transmission  
キーワード(2)(和/英) 磁界共振結合 / Magnetic Resonance  
キーワード(3)(和/英) 長方形コイル / Rectangle Coil  
キーワード(4)(和/英) 位置ずれ / Position Gap  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂柳 佑治 / Yuji Sakayanagi / サカヤナギ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 義彦 / Yoshihiko Kuwahara /
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-19 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2016-47 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会