お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-19 15:55
顔画像の対称3D-AAMによる顔方向非依存な発話認識
渡辺拓也豊橋技科大)・桂田浩一東京理科大)・金澤 靖豊橋技科大PRMU2016-134 MVE2016-25
抄録 (和) 読唇は口唇周辺の画像から特徴を抽出して発話を認識する技術であるが,顔の向きが正面から外れると,セルフオクルージョンが発生し,認識精度が低下する.本研究では,3D-AAMをベースとし,顔の対称性を用いたモデル化により,オクルージョンが発生した場合でも認識精度の低下を防ぐ手法を提案する. 対称3D-AAMにより取得した特徴量を用いて口形の変化をHMMでモデル化し認識を行った結果,90度から撮影した横顔の発話の認識において約4%の精度向上が見られた. 
(英) Lip reading is a technique to recognize spoken words from only visual images of a face. There have been proposed various approaches for lip reading, most of them, however, do not achieve enough performance for non-frontal images because of self-occlusion. In this paper, we propose an angle-independent lip-reading system that prevents deterioration of performance caused by self-occlusion using a symmetric facial model with 3D-AAM. We adopt HMM for modeling the variety of mouth shapes and use it for lip reading. The experimental results show that the recognition accuracy using symmetrical 3D-AAM increases by more than 4% compared with normal 3D-AAM when the view angle is 90 degree.
キーワード (和) 読唇 / 対称性モデル / 3D-AAM / 顔方向非依存性 / / / /  
(英) Lip reading / Symmetry model / 3D-AAM / View Independency / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 411, PRMU2016-134, pp. 135-140, 2017年1月.
資料番号 PRMU2016-134 
発行日 2017-01-12 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2016-134 MVE2016-25

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 京都大学 吉田キャンパス 百周年時計台記念館 
開催地(英)  
テーマ(和) 人の生活・活動を支えるCV/PR/AR 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顔画像の対称3D-AAMによる顔方向非依存な発話認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ngle independent lip reading using symmetrical 3D-AAM of facial images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 読唇 / Lip reading  
キーワード(2)(和/英) 対称性モデル / Symmetry model  
キーワード(3)(和/英) 3D-AAM / 3D-AAM  
キーワード(4)(和/英) 顔方向非依存性 / View Independency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 拓也 / Takuya Watanabe / ワタナベ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桂田 浩一 / Kouichi Katsurada / カツラダ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金澤 靖 / Yasushi Kanazawa / カナザワ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-19 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2016-134,IEICE-MVE2016-25 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.411(PRMU), no.412(MVE) 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2017-01-12,IEICE-MVE-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会