お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-19 15:45
モバイルトラフィック変動を考慮したスモールセル基地局のスリープモード制御によるMBHネットワークにおける省電力効果の検証
曽根恭介富士通研)・Inwoong KimXi WangFLA)・青木泰彦関 宏之富士通OCS2016-65
抄録 (和) 高密度スモールセル基地局配備に向けたMBHネットワーク設計において,ユーザ分布とトラフィックデマンドの変動を考慮した,スモールセル基地局のスリープモード制御による省電力効果の検証を行った.また,その制御による省電力量の見積りも行ったので,報告する. 
(英) We present an analysis of energy efficiency by sleep mode control of small cell base station based on dynamic user distribution and traffic demand in mobile backhaul network design for dense small sell deployment. In addition, we also estimate energy savings due to it.
キーワード (和) モバイルバックホール / スモールセル / ネットワーク設計 / スリープモード制御 / / / /  
(英) mobile backhaul / small cell / network design / sleep mode control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 402, OCS2016-65, pp. 5-8, 2017年1月.
資料番号 OCS2016-65 
発行日 2017-01-12 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2016-65

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 九州産業大学 
開催地(英) Kyushu Sangyo University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Core and metro system, Submarine telecommunications system, Optical access system and next generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission monitoring and control, Design and tool for optical transmission system, Co-operation between optical and mobile, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2017-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルトラフィック変動を考慮したスモールセル基地局のスリープモード制御によるMBHネットワークにおける省電力効果の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of energy efficiency by sleep mode control of small cell base station based on dynamic traffic demand in mobile backhaul 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルバックホール / mobile backhaul  
キーワード(2)(和/英) スモールセル / small cell  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク設計 / network design  
キーワード(4)(和/英) スリープモード制御 / sleep mode control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根 恭介 / Kyosuke Sone / ソネ キョウスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Inwoong Kim / Inwoong Kim /
第2著者 所属(和/英) Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Xi Wang / Xi Wang /
第3著者 所属(和/英) Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 泰彦 / Yasuhiko Aoki / アオキ ヤスヒコ
第4著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 宏之 / Hiroyuki Seki / セキ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-19 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2016-65 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.402 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会