お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-19 15:45
ヘテロジーニアスネットワークにおけるシステムスループット観測値に基づく確率的適応送信電力制御法の改良アルゴリズム
斉藤隆太樋口健一東京理科大IT2016-70 SIP2016-108 RCS2016-260
抄録 (和) 本稿では,大電力のマクロセル内に小電力のピコ基地局を重ねる形で配置するヘテロジーニアスネットワークにおいて,筆者らが先に提案したシステムスループット観測値に基づき各基地局の送信電力をオンラインで確率的に制御する方法の改良アルゴリズムを提案する.先に提案した方法は,基地局間でシステムスループット値だけを情報交換し,システムスループットの時間推移を基に各ピコ基地局の送信電力制御をオンラインで実現し,セル間干渉の適切な抑圧の結果としてシステムスループットを増大できる.しかし,先の提案法では,基地局の送信電力は一度に微小なステップサイズ分しか更新できないため,収束性やユーザ分布の変化に対する追従性の点で問題があった.そこで改良アルゴリズムでは,基地局間でシステムスループット値だけを情報交換すればよい点はそのままに,あらかじめ限られた数の送信電力値候補を用意し,各基地局での各送信電力候補に対する適用確率をシステムスループット観測値の時間変動を基に適応更新することにより,先に報告した方法に比較して,収束後の性能改善,及び瞬時の大幅な送信電力値の更新を可能とする.計算機シミュレーションにより,提案アルゴリズムは先の提案法を含む従来法に比較してシステムスループットを改善できることを示す. 
(英) In this paper, we propose improved method for our previously reported online probabilistic transmission power control method of base stations (BSs) in heterogeneous networks where low transmission-power pico-BSs are overlaid onto a high transmission-power macro-BS. Previously reported method requires only a single metric to be exchanged among BSs, which is a system throughput measure at each cell. The previous method adaptively controls the activation probability of each BS individually, depending on the time variation in the system throughput and the temporal transmission power states of each BS. As a result, the system throughput can be enhanced due to appropriately reduced inter-cell interference. However, since the previous method updates the transmission power of each BS with small step size at each iteration, there is a room for further improvement in the convergence rate and tracking capability to the change in user distribution. The proposed new algorithm defines limited set of candidate transmission power levels and application probability of each candidate transmission power level is updated based on the time variation in the system throughput and the temporal transmission power states of each BS. As a result, the performance after convergence and the tracking ability to the change in user distribution is improved compared to the previous one. Computer simulation results show the effectiveness of the proposed methods compared to the conventional approaches.
キーワード (和) ヘテロジーニアスネットワーク / スモールセル / 送信電力制御 / / / / /  
(英) Heterogeneous networks / small cell / transmission power control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 396, RCS2016-260, pp. 141-146, 2017年1月.
資料番号 RCS2016-260 
発行日 2017-01-12 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2016-70 SIP2016-108 RCS2016-260

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 大阪市立大学(杉本キャンパス) 
開催地(英) Osaka City Univ. 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, Learning, Mathematical Science, Communication Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヘテロジーニアスネットワークにおけるシステムスループット観測値に基づく確率的適応送信電力制御法の改良アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improved Algorithm for Online Probabilistic Transmission Power Control of Base Stations Based on Observed System Throughput in Heterogeneous Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘテロジーニアスネットワーク / Heterogeneous networks  
キーワード(2)(和/英) スモールセル / small cell  
キーワード(3)(和/英) 送信電力制御 / transmission power control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 隆太 / Takahiro Saito / サイトウ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-19 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2016-70,IEICE-SIP2016-108,IEICE-RCS2016-260 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-01-12,IEICE-SIP-2017-01-12,IEICE-RCS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会