電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-19 14:50
非線形推定法を用いた放射線無線モニタリング向け簡易走査型計測手法
中川善継村上知里都立産技研センター)・森 一幸佐藤春彦イングASN2016-74
抄録 (和) 福島原発事故から5年が経過し,関係省庁が主導する被災地の除染事業は宅地部を中心に一定の成果を遂げた.一方,除染後の放射線計測において環境の変化に伴い集積したホットスポットと呼ばれる局所的な高線量箇所(ホットスポット)が点在することが知られている.ホットスポット要因を探索するには従来の計測手法とは異なる効率的で簡易な計測方法が必要である.本研究では,外部センサによりモニタリングされる時系列データに対し,センサおよびデータに含まれる機械的、確率的ノイズの影響を最小限に抑える方法として非線形性を持つモデルによる推定法を提案する.さらに効率的な計測を実現するために,一定速度で移動しながらモニタリングするデータに適用する.非線形特性の数値解析には微分法をはじめとする多くの手法があり,これらは一般に多次元非線形関数モデルで表される.また,時系列データからモデルを求めることは規定するモデルのパラメータを決定することである.本稿では,計測によって得られる時系列データのうち,関数モデルに基づいて探索開始点からn個までの変化から最小二乗法の演算ステップを繰り返すことによってモデルのパラメータを推定する. 
(英) Five years have passed since the Fukushima nuclear power plant accident, and the decontamination project in disaster areas led by related ministries and agencies achieved certain results mainly in the residential area. Meanwhile, in radiation measurement after decontamination in nuclear disaster areas affected by nuclear power plants, it is known that the local high dose sites called hot spots are scattered. The measurement method of efficient and simple and also different from conventional method is required in order to search for local hot spot factors. In study, this paper proposes the method of using inference model possessed nonlinearity as the way to minimize the influence of both mechanical and stochastic noise included in the sensors and data regarding time-series data monitored by using external sensors. Furthermore, we apply this method to data monitored while moving at a constant speed in order to realize more efficient radiation measurement this time. There are many methods including the Newton method for numerical analysis in nonlinear characteristics, which are generally represented as multidimensional nonlinear function models. And also determining the specified model from the time series data is to determine the parameters of its model. In this paper, we presume the parameters of the model with repeating the least squares method computation steps multiple times on the n-number of transition from the starting point of searching in time series data based on a function model.
キーワード (和) 放射線除染 / 無線モニタリング / モデル推定 / ホットスポット / 動的計測 / 非線形最小二乗法 / /  
(英) Radiation decontamination / Wireless monitoring / Model inference / Hotspot / Dynamic measurement / Nonlinear least-squares method / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 407, ASN2016-74, pp. 31-36, 2017年1月.
資料番号 ASN2016-74 
発行日 2017-01-12 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2016-74

研究会情報
研究会 ASN MoNA MICT  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 別府 花菱ホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的環境, 医療・健康・スポーツのための技術, スマートシティとモバイル通信, 技術展示および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-01-ASN-MoNA-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形推定法を用いた放射線無線モニタリング向け簡易走査型計測手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Method of simple screening Measurement for Radiation Wireless Monitoring by Applying Non-linear Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 放射線除染 / Radiation decontamination  
キーワード(2)(和/英) 無線モニタリング / Wireless monitoring  
キーワード(3)(和/英) モデル推定 / Model inference  
キーワード(4)(和/英) ホットスポット / Hotspot  
キーワード(5)(和/英) 動的計測 / Dynamic measurement  
キーワード(6)(和/英) 非線形最小二乗法 / Nonlinear least-squares method  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 善継 / Yoshitsugu Nakagawa / ナカガワ ヨシツグ
第1著者 所属(和/英) (地独)東京都立産業技術研究センター (略称: 都立産技研センター)
Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute (略称: TIRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 知里 / Chisato Murakami / ムラカミ チサト
第2著者 所属(和/英) (地独)東京都立産業技術研究センター (略称: 都立産技研センター)
Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute (略称: TIRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 一幸 / Kazuyuki Mori / モリ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社イング (略称: イング)
ING CO.,LTD. (略称: ING)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 春彦 / Haruhiko Sato / サトウ ハルヒコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社イング (略称: イング)
ING CO.,LTD. (略称: ING)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-19 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2016-74 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会