電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-19 13:50
マイクロセル環境の伝搬損失を対象としたスケールモデル手法におけるサイズ縮小化の検討
市坪信一栗栖和也九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マイクロセル環境の伝搬損失を対象としたスケールモデルを検討している。これまでに住宅地を対象にして1/70から1/350の縮尺のスケールモデルを作製して、実環境の伝搬損失との比較を行った。縮尺を大きくするとスケールモデルの伝搬損失の誤差が大きくなることが明らかになっている。スケールモデルで用いるブロックの透過損失が不足していたため、透過損失が大きいブロックを作製した。このブロックを用いて1/160と1/350のスケールモデルを作製して誤差を検討した。測定の結果、誤差が小さくなり、1/160や1/350のスケールモデルでも伝搬損失を再現できることを明らかにした。 
(英) We are examining the scale model method for the propagation loss in microcell environment. Until now, the scale models of the scale of 1/70 to 1/350 were produced for the residential area, and a propagation loss of real environment and that of scale model were compared. It is clear that the error of the propagation loss obtained from a scale model becomes large when the scale of a scale model is enlarged. Since the penetration losses of a block for a scale model are insufficient, the blocks with a large penetration loss were produced. The scale model of 1/160 and 1/350 using these blocks were produced, and the error was examined. An error becomes small as a result of measurement, and it is clear that the scale model of 1/160 or 1/350 can also reproduce a propagation loss.
キーワード (和) 電波伝搬 / 伝搬損失 / スケールモデル / マイクロセル / / / /  
(英) Radio Propagation / Propagation loss / Scale model / Microcell / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 397, AP2016-132, pp. 17-20, 2017年1月.
資料番号 AP2016-132 
発行日 2017-01-12 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP WPT  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 広島工業大学 
開催地(英) Hiroshima Institute of Technology 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-01-AP-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロセル環境の伝搬損失を対象としたスケールモデル手法におけるサイズ縮小化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Size Reduction of Scale Model for Propagation Loss in Microcell 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(2)(和/英) 伝搬損失 / Propagation loss  
キーワード(3)(和/英) スケールモデル / Scale model  
キーワード(4)(和/英) マイクロセル / Microcell  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市坪 信一 / Shinichi Ichitsubo / イチツボ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗栖 和也 / Kazuya Kurisu /
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-19 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-132 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.397 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会