お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-18 14:15
ディジタルフローの多重解像度解析による画像二値化に関する一検討
本多健二東京海洋大)・佐藤 誠東工大MI2016-109
抄録 (和) 近年,顕微鏡による細胞の観察から,計算機によって細胞画像の定量的データを得る,バイオイメージインフォマティクスと呼ばれる研究分野が盛んである.細胞画像を解析するためには,まず対象となる細胞を背景から切り出す必要がある.細胞画像の切り出しには,従来,閾値に基づく二値化手法が用いられるが,画像の統計的性質によってうまく切り出すことが困難な場合がある.そこで,画像の幾何学的構造に基づく安定境界とういう指標を導入し,ディジタルフロー解析を用いて,対象の境界が全て安定な境界で囲まれるスケールを選択する二値化手法を提案してきた.しかし,対象の境界全てが安定な境界で覆われるスケールが選択されることから,粗い構造でしか切り出すことができないという問題がある.本研究では,スケールスペースにおける対象の階層構造に着目し,安定境界のスケール依存性の影響を受けない,高精度な二値化を提案する.そして,細胞画像に対し提案手法を適用し結果を確認する. 
(英) Recently, research fields called bioimage informatics for obtaining quantitative data of cell images by a computer has grown up. In order to analyze cell images, it is first necessary to segment the cells from the background. Conventionally, a threshold-based binarization method is used for segmenting a cell image, but it is sometimes difficult to successfully extract it based on the statistical properties of the image. Therefore, we introduced an index of a stable boundary focusing on the geometrical structure of the image and proposed a binarization method that selects a scale whose boundaries are all surrounded by stable boundaries. However, with the conventional method, since a scale is selected in which all boundaries of the object are covered with stable boundaries, there is a problem that it can be cut out only with a coarse structure. In this article, we focus on the hierarchical structure of the object in the scale space and propose a highly accurate binarization method independent of spatial stability of different boundaries for each scale.
キーワード (和) 画像二値化 / ディジタルフロー / 細胞画像 / スケールスペース / / / /  
(英) Image Binarization / Digital Flow / Cell Images / Scale-Space / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 393, MI2016-109, pp. 145-150, 2017年1月.
資料番号 MI2016-109 
発行日 2017-01-11 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2016-109

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2017-01-18 - 2017-01-18 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) 
開催地(英) Tenbusu Naha 
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2017-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディジタルフローの多重解像度解析による画像二値化に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Image Binarization based on Multiple Resolution Analysis of Digital Flow Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像二値化 / Image Binarization  
キーワード(2)(和/英) ディジタルフロー / Digital Flow  
キーワード(3)(和/英) 細胞画像 / Cell Images  
キーワード(4)(和/英) スケールスペース / Scale-Space  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本多 健二 / Kenji Honda /
第1著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: TUMST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 誠 / Makoto Sato /
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TITECH)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-18 14:15:00 
発表時間 40 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2016-109 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.393 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2017-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会