電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-18 13:45
Radio-over-Fiber伝送技術を用いた多チャネルLTE信号の伝送実験
田中和樹KDDI総合研究所)・Byung Gon KimKAIST)・小林 嵩Bekkali Abdelmoula西村公佐KDDI総合研究所)・Hoon KimKAIST)・鈴木正敏KDDI総合研究所)・Yun C. ChungKAISTPN2016-57 EMT2016-86 OPE2016-132 LQE2016-121 EST2016-96 MWP2016-70 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2016-86 OPE2016-132 LQE2016-121 EST2016-96 MWP2016-70
抄録 (和) モバイル基地局にCentralized Radio Access Network (C-RAN) 構成を採用することで,基地局間協調動作が可能となり,通信品質を向上することができる.現在Baseband Unit (BBU) とRemote Radio Head (RRH) の間の光アクセス回線に用いられているデジタルRadio-over-Fiber (RoF) 伝送方式は,ユーザデータレートの約16倍の伝送容量を必要とするため,モバイルサービスの大容量化の進展に伴い伝送容量が逼迫する.その対策として,高い伝送効率を有するアナログRoF伝送技術に関する研究が活発だが,商用システムとの適合性に関する検討はほとんどない.本稿では,商用のLTE基地局および光ファイバを用いたアナログRoF伝送実験を行ったので報告する. 
(英) The application of Centralized Radio Access Network (C-RAN) architecture to mobile base stations enable the cooperation among them and improve the communication quality. Digitized radio-over-fiber (RoF) transmission technology currently used in optical access lines between baseband units (BBUs) and remote radio heads (RRHs) requires around 16 times higher capacity than that of the user data rate. As the result of that, the capacity of digitized RoF transmission line will be insufficient as mobile services increase their date rates. To solve the capacity problem, there have been many efforts to utilize analog RoF transmission technology which inherently has high transmission efficiency. However, to the best of our knowledge, there have been few reports on the feasibility for commercial systems. In this paper, we conduct analog RoF transmission experiments by using commercial LTE systems and deployed fibers.
キーワード (和) Radio-over-Fiber / モバイルフロントホール / C-RAN / / / / /  
(英) Radio-over-Fiber / Mobile Fronthaul / C-RAN / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 391, MWP2016-70, pp. 93-96, 2017年1月.
資料番号 MWP2016-70 
発行日 2017-01-11 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2016-57 EMT2016-86 OPE2016-132 LQE2016-121 EST2016-96 MWP2016-70 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2016-86 OPE2016-132 LQE2016-121 EST2016-96 MWP2016-70

研究会情報
研究会 OPE EST LQE EMT PN MWP IEE-EMT  
開催期間 2017-01-18 - 2017-01-19 
開催地(和) 伊勢市観光文化会館 
開催地(英) Iseshi Kanko Bunka Kaikan 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MWP 
会議コード 2017-01-OPE-EST-LQE-EMT-PN-MWP-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Radio-over-Fiber伝送技術を用いた多チャネルLTE信号の伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Experiment of Multiple LTE Signals by Radio-over-Fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Radio-over-Fiber / Radio-over-Fiber  
キーワード(2)(和/英) モバイルフロントホール / Mobile Fronthaul  
キーワード(3)(和/英) C-RAN / C-RAN  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 和樹 / Kazuki Tanaka / タナカ カズキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Byung Gon Kim / Byung Gon Kim / Byung Gon Kim
第2著者 所属(和/英) Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 嵩 / Takashi Kobayashi / コバヤシ タカシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Bekkali Abdelmoula / Bekkali Abdelmoula / Bekkali Abdelmoula
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 公佐 / Kosuke Nishimura / ニシムラ コウスケ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Hoon Kim / Hoon Kim / Hoon Kim
第6著者 所属(和/英) Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 正敏 / Masatoshi Suzuki / スズキ マサトシ
第7著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Yun C. Chung / Yun C. Chung / Yun C. Chung
第8著者 所属(和/英) Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-18 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MWP 
資料番号 IEICE-PN2016-57,IEICE-EMT2016-86,IEICE-OPE2016-132,IEICE-LQE2016-121,IEICE-EST2016-96,IEICE-MWP2016-70 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.386(PN), no.387(EMT), no.388(OPE), no.389(LQE), no.390(EST), no.391(MWP) 
ページ範囲 pp.93-96 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2017-01-11,IEICE-EMT-2017-01-11,IEICE-OPE-2017-01-11,IEICE-LQE-2017-01-11,IEICE-EST-2017-01-11,IEICE-MWP-2017-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会