電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-22 10:40
[奨励講演]Multi-RAT環境における可用帯域情報を利用したTCP輻輳制御方式の提案と評価
岩澤宏紀徳永和宏高谷直樹NTTNS2016-129
抄録 (和) 4K動画やVR等の大容量コンテンツサービスを将来のネットワークで効率的に実現するためには,無線アクセスにおいてもGbpsクラスの超広帯域を実現する高周波数帯を用いたRAT (Radio Access Technology)の利用が有効である.しかし高周波数帯を用いたRATは広域なエリアをカバーするのには適していないため,現在のアクセス網と組み合わせて利用することが想定される.このようなアクセス環境では,無線リンクの追加・削除や無線品質の変動などが原因で従来よりも急激な無線リンク帯域の変動が生じると考えられる.しかし,現在一般的に利用されているTCP通信では,輻輳制御機能のメカニズムから,リンク帯域が急激に変動する環境において即座に所望のスループットを得られない課題がある.そこで本稿では,迅速に無線リンク帯域の変動に追随するTCPの輻輳制御方式を提案する.提案方式では端末毎に利用可能な無線リンク帯域情報を取得し,その帯域情報に基づいて輻輳制御を行う.提案方式に関してns-3を用いたシミュレーション評価を行った結果,他のTCPフローのスループットを過剰に下げることなく高速RATの超広帯域を迅速に利用できることを示した. 
(英) For transmitting large-volume data such as 4K/VR videos on future networks, high frequency wave RAT (Radio Access Technology) is considered to be an effective solution. High frequency wave RAT enables high-speed communication over a gigabit per second on radio access networks. However, high frequency wave RAT is not suited for covering wide range area, and therefore it is considered that high frequency wave RAT is to be applied in combination with other existing RATs such as LTE. In such mixed access networks, it is concerned that radio link bandwidth would fluctuate dramatically compared to an access network which consists of a single type RAT because of establishing/disconnecting radio link, fluctuating radio quality and so on. In such a situation, TCP communication throughput would not increase rapidly, even if radio link bandwidth is increased, because of the congestion control function in TCP. In this paper, we propose a new TCP congestion control method which makes communication throughput follow the fluctuation of radio link bandwidth immediately by adjusting congestion window on the basis of current available bandwidth information given by base station. We also show a computer simulation result by ns-3 that proves our proposed method enables immediate high-speed communication without intruding on other TCP flows.
キーワード (和) Multi-RAT / TCP / 5G / 輻輳制御 / トランスポートプロトコル / ns-3 / /  
(英) Multi-RAT / TCP / 5G / Congestion control / Transport protocol / ns-3 / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 382, NS2016-129, pp. 53-58, 2016年12月.
資料番号 NS2016-129 
発行日 2016-12-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-129

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2016-12-21 - 2016-12-22 
開催地(和) 金沢勤労者プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Multi-RAT環境における可用帯域情報を利用したTCP輻輳制御方式の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and Evaluation of TCP Congestion Control Method Using Available Bandwidth Information on Multi-RAT Heterogeneous Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Multi-RAT / Multi-RAT  
キーワード(2)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(3)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(4)(和/英) 輻輳制御 / Congestion control  
キーワード(5)(和/英) トランスポートプロトコル / Transport protocol  
キーワード(6)(和/英) ns-3 / ns-3  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩澤 宏紀 / Hiroki Iwasawa / イワサワ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 和宏 / Kazuhiro Tokunaga / トクナガ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 直樹 / Naoki Takaya / タカヤ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-22 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-129 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.382 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会