お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-22 17:15
Dynamic Social Choice for Pronominal Reference
Sumiyo NishiguchiTUSNLC2016-39
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Disambiguation of pronoun reference has been an important issue for both theoretical and computational
linguists. While linguistic theories on binding conditions eliminate impossible readings to a certain extent,
many inter-sentential anaphora remain ambiguous between bound variable reading and coreference with salient discourse entities,
as in ``John said he broke his leg}"where ``he" can refer either to ``John" or someone else previously mentioned (Reinhart 1983).
Nishiguchi (2011, 2012a,b, 2014, 2016a,b}
consider pronoun resolution as a social choice among discourse participants which obeys Arrow's Impossibility Theorem (Arrow 1963).
This paper further discusses discourse update of Social Welfare Function which provides updated variable assignment.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) social welfare function / speaker / dictator / variable assignment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 379, NLC2016-39, pp. 141-147, 2016年12月.
資料番号 NLC2016-39 
発行日 2016-12-14 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード NLC2016-39

研究会情報
研究会 SP IPSJ-SLP NLC IPSJ-NL  
開催期間 2016-12-20 - 2016-12-22 
開催地(和) NTT武蔵野研究開発センタ 
開催地(英) NTT Musashino R&D 
テーマ(和) 第18回音声言語シンポジウム & 第3回自然言語処理シンポジウム 
テーマ(英) The 18th Spoken Language Symposium & The Third Natural Language Processing Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2016-12-SP-SLP-NLC-NL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Social Choice for Pronominal Reference 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / social welfare function  
キーワード(2)(和/英) / speaker  
キーワード(3)(和/英) / dictator  
キーワード(4)(和/英) / variable assignment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西口 純代 / Sumiyo Nishiguchi / ニシグチ スミヨ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-22 17:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2016-39 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.379 
ページ範囲 pp.141-147 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-NLC-2016-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会