電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-21 14:20
[依頼講演]Key Technologies Towards 5G -- Standardization Angle --
Tsunehiko ChibaNokia
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) The 5G system has been studied in standardization organizations such as 3GPP. Some key technologies have been identified to support multiple use case scenarios (eMBB, mMTC, URLLC), as well as different deployments at various frequency ranges. There are some obvious novel technologies that will be introduced with respect to the air interfaces, e.g. mmWave, massive MIMO, optimized QoS support, multi-connectivity; and those related to core network technologies, such as bearerless communication, network slicing, NFV, mobile edge computing and distributed mobility management. While these new technologies will be very diverse and applied to all domains of a mobile network, they must also be harmonized. The real challenge is to develop 5G as one system of systems that can meet all these requirements invisibly from the user’s perspective. This lecture provides overview of key technologies towards 5G especially from standardization angle.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) 5G / New Radio / QoS / Standardization / Network Slicing / Interworking / Network Architecture /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 383, RCS2016-215, pp. 43-43, 2016年12月.
資料番号 RCS2016-215 
発行日 2016-12-14 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2016-12-21 - 2016-12-22 
開催地(和) 金沢勤労者プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-12-NS-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Key Technologies Towards 5G 
サブタイトル(英) Standardization Angle 
キーワード(1)(和/英) / 5G  
キーワード(2)(和/英) / New Radio  
キーワード(3)(和/英) / QoS  
キーワード(4)(和/英) / Standardization  
キーワード(5)(和/英) / Network Slicing  
キーワード(6)(和/英) / Interworking  
キーワード(7)(和/英) / Network Architecture  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 恒彦 / Tsunehiko Chiba / チバ ツネヒコ
第1著者 所属(和/英) ノキア (略称: ノキア)
Nokia (略称: Nokia)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-21 14:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-NS2016-125,IEICE-RCS2016-215 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.382(NS), no.383(RCS) 
ページ範囲 p.39(NS), p.43(RCS) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-NS-2016-12-14,IEICE-RCS-2016-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会