お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-20 11:25
被覆Al素線の非破壊欠陥状態検査に向けたテラヘルツ分光応用
黒尾健太木村 隆田邉匡生小山 裕東北大ED2016-92 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2016-92
抄録 (和) 被覆等の非極性物質に対して高い透過性を持つテラヘルツ波は電力用被覆電線の非破壊検査に強い適正を持つことから応用に期待されている。本研究では被覆アルミニウム電線に対する欠陥の定量的検出可能性を調査するために意図的に断線を再現しテラヘルツ波反射イメージング測定を行った。 
(英) Terahertz waves which have high transparency for nonpolar materials such as insulators are expected to be use for application because it has a strong aptitude for non-destructive inspection of electric wires covered with insulators. In this study, to research the quantitative detection possibility of defects for insulating aluminum wires, sub-terahertz reflection imaging was carried out.
キーワード (和) テラヘルツ波 / イメージング / 非破壊検査 / アルミニウム / / / /  
(英) Terahertz wave / Imaging / Non-destructive inspection / Aluminum / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 375, ED2016-92, pp. 67-70, 2016年12月.
資料番号 ED2016-92 
発行日 2016-12-12 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2016-92 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2016-92

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2016-12-19 - 2016-12-20 
開催地(和) 東北大通研ナノ・スピン棟 
開催地(英) RIEC, Tohoku Univ 
テーマ(和) ミリ波・テラヘルツ波デバイス・システム 
テーマ(英) Millimeter-wave, terahertz-wave devices and systems 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2016-12-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 被覆Al素線の非破壊欠陥状態検査に向けたテラヘルツ分光応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quantitative detection of copper surface cracks by terahertz reflection imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テラヘルツ波 / Terahertz wave  
キーワード(2)(和/英) イメージング / Imaging  
キーワード(3)(和/英) 非破壊検査 / Non-destructive inspection  
キーワード(4)(和/英) アルミニウム / Aluminum  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒尾 健太 / Kenta Kuroo / クロオ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 隆 / Kimura Takashi / キムラ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田邉 匡生 / Tanabe Tadao / タナベ タダオ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 裕 / Oyama Yutaka / オヤマ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-20 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2016-92 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.375 
ページ範囲 pp.67-70 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ED-2016-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会