お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-20 15:00
共鳴トンネルダイオード発振器を用いた周波数偏波多重テラヘルツ無線通信
大島直到橋本和秀鈴木左文浅田雅洋東工大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 周波数偏波多重可能な共鳴トンネルダイオードテラヘルツ発振器を作製し、500 GHz帯の偏波多重通信及び500 GHzと800 GHzの周波数多重通信を行い、それぞれで28 Gbit/s × 2 chを前方誤り訂正可能な符号誤り率で伝送した。 
(英) A resonant-tunneling-diode terahertz (THz) oscillator chip for frequency- and polarization-division multiplexing was fabricated. Wireless data transmissions using 2-channel frequency-division multiplexing with ranges of 500 and 800 GHz and polarization-division multiplexing at 500 GHz range were demonstrated. Transmissions up to a data rate of 28 Gbit/s for each channel under an error-correctable error rate were achieved in both the multiplexing technologies.
キーワード (和) テラヘルツ発振器 / 共鳴トンネルダイオード / 大容量無線通信 / 周波数多重 / 偏波多重 / / /  
(英) Terahertz / Oscillator / resonant tunneling diode / Wireless data transmission / frequency division multiplexing / polarization division multiplexing / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2016-12-19 - 2016-12-20 
開催地(和) 東北大通研ナノ・スピン棟 
開催地(英) RIEC, Tohoku Univ 
テーマ(和) ミリ波・テラヘルツ波デバイス・システム 
テーマ(英) Millimeter-wave, terahertz-wave devices and systems 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2016-12-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共鳴トンネルダイオード発振器を用いた周波数偏波多重テラヘルツ無線通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Terahertz Wireless Data Transmission with Frequency and Polarization Division Multiplexing Using Resonant-Tunneling-Diode Oscillators 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テラヘルツ発振器 / Terahertz  
キーワード(2)(和/英) 共鳴トンネルダイオード / Oscillator  
キーワード(3)(和/英) 大容量無線通信 / resonant tunneling diode  
キーワード(4)(和/英) 周波数多重 / Wireless data transmission  
キーワード(5)(和/英) 偏波多重 / frequency division multiplexing  
キーワード(6)(和/英) / polarization division multiplexing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 直到 / Naoto Oshima / オオシマ ナオト
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyotech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 和秀 / Kazuhide Hashimoto / ハシモト カズヒデ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyotech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 左文 / Safumi Suzuki / スズキ サフミ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyotech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅田 雅洋 / Masahiro Asada / アサダ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyotech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-20 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.375 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会