お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-20 15:10
[ポスター講演]日本語テキスト音声合成のためのアクセント辞典に基づくアクセント結合規則の改良
青山紘人能勢 隆伊藤彰則東北大SP2016-54
抄録 (和) 日本語テキスト音声合成システムにおいてより自然な音声を合成するために,アクセント結合規則の改良を行った.従来のアクセント結合規則は匂坂らにより提案され,広く利用されているが,数詞や助数詞に関する規則は存在しないため,それらを含むアクセント句に対しては高精度なアクセント型の推定を行えず,十分とはいえない.そこで本稿では,アクセント辞典に記載されている単語結合時のアクセント法則を参考に,数詞や助数詞に関するもののみならず,アクセント結合規則の網羅的な改良を試みた.また,従来規則と改良した規則を用いてアクセント推定実験を行い,改良規則の有効性を評価した.実験の結果,改良規則による推定は従来規則によるものと比較して高い正答率が得られ,精度の向上が確認された.特に,新たに構築した数詞や助数詞に関する規則を用いたアクセント推定では,より大きな改善が見られた. 
(英) In order to synthesize more natural speech in Japanese text-to-speech systems, we improved accent sandhi rules. Conventional accent sandhi rules were developed by Sagisaka et al. and they are widely used. However, since there are no rules related to numerals and counter words, estimation accuracy of accent type for accent phrases including numerals and counter words is still not sufficient. In this paper, we tried to comprehensively improve the accent sandhi rules as well as those related to numerals and counter words, with reference to accent rules at word combination defined in the accent dictionaries. In addition, accent estimation experiments were conducted using the conventional rules and the improved rules, and effectiveness of the improved rules was evaluated. The experimental results showed that correct answer rate of the estimation by the improved rules was higher than that by the conventional rules, and improvement of accuracy was confirmed. Especially, the accent estimation using newly added rules on numerals and counter words showed a larger improvement.
キーワード (和) テキスト音声合成 / アクセント結合規則 / 数詞 / 助数詞 / アクセント辞典 / / /  
(英) Text-to-speech / Accent sandhi rules / Numerals / Counter words / Accent dictionary / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 378, SP2016-54, pp. 31-36, 2016年12月.
資料番号 SP2016-54 
発行日 2016-12-13 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード SP2016-54

研究会情報
研究会 SP IPSJ-SLP NLC IPSJ-NL  
開催期間 2016-12-20 - 2016-12-22 
開催地(和) NTT武蔵野研究開発センタ 
開催地(英) NTT Musashino R&D 
テーマ(和) 第18回音声言語シンポジウム & 第3回自然言語処理シンポジウム 
テーマ(英) The 18th Spoken Language Symposium & The Third Natural Language Processing Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2016-12-SP-SLP-NLC-NL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本語テキスト音声合成のためのアクセント辞典に基づくアクセント結合規則の改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of accent sandhi rules based on accent dictionary for Japanese text-to-speech systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テキスト音声合成 / Text-to-speech  
キーワード(2)(和/英) アクセント結合規則 / Accent sandhi rules  
キーワード(3)(和/英) 数詞 / Numerals  
キーワード(4)(和/英) 助数詞 / Counter words  
キーワード(5)(和/英) アクセント辞典 / Accent dictionary  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 紘人 / Hiroto Aoyama / アオヤマ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 能勢 隆 / Takashi Nose / ノセ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 彰則 / Akinori Ito / イトウ アキノリ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-20 15:10:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2016-54 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.378 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2016-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会