電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-18 11:30
[招待講演]Synaesthesia: Language, Thought, Cognition and Culture
Chu-Ren HuangHK PolyU
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Linguistic synaesthesia is pervasive but under-studied. Expressions such as "sweet voice", "tall talk", "short-sighted" and "sharp-tongue" are used everyday. And in Chinese, the basic verb 聞 "to smell" for olfractory sense in fact is derived from the auditary sense, as attested by the use of the ear radical 耳. In this paper, I will summarize ourrecent work on linguistic synaesthesia in Chinese by showing some tendencies that are different from what has been described in past studies in English. In particular, I will discuss that, given the nature of synaesthesia being mapping from one sense domain to another sense domain, whether it can be described as a kind of metaphor (which typically map from concrete to abstract domains based on embodiment); as well as the implications on this study may have implication for both computational studies of figurative language and for neuro-cognitive studies of cross-modal cognitive mapping and its function.
キーワード (和) 共感覚 / メタファー / 修辞技法 / 言語と認知 / 写像理論 / / /  
(英) Synaesthesia / Metaphor / Figurative Language / Language and Cognition / Mappint Theory / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-60, pp. 111-113, 2016年12月.
資料番号 TL2016-60 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synaesthesia: Language, Thought, Cognition and Culture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 共感覚 / Synaesthesia  
キーワード(2)(和/英) メタファー / Metaphor  
キーワード(3)(和/英) 修辞技法 / Figurative Language  
キーワード(4)(和/英) 言語と認知 / Language and Cognition  
キーワード(5)(和/英) 写像理論 / Mappint Theory  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Chu-Ren Huang / Chu-Ren Huang / Chu-Ren Huang
第1著者 所属(和/英) The Hong Kong Polytechnic University (略称: HK PolyU)
The Hong Kong Polytechnic University (略称: HK PolyU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-18 11:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-60 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.111-113 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会