電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-17 10:15
日本語のビジネスメールでの状況推測表現に対する受け手の解釈
平松友紀早大
抄録 (和) 本稿の目的は, 送り手により作成された日本語のビジネスメールのどのような表現において, 送り手と受け手間, また受け手と受け手間においても個々の解釈が異なるか, またどのような解釈の異なりが生じていたかを明らかにすることである. 個々に生じた解釈の異なりを明らかにするためには, 送り手と受け手であるコミュニケーション主体の意識までを質的に掘り下げた研究が必要である. そこで, まず送り手によるメール作成・インタビュー調査を行い, 次に受け手によるメールを受けての意識を探るインタビュー調査を行った. インタビューデータは, 送り手と受け手間, また受け手と受け手間において, 異なる解釈が生じたメール文の構成要素に着目し, 分析を行った. その結果, 課題1については, 送り手が, 送り手以外の人物の状況を推測するような「状況推測表現」において, 特に異なる解釈がみられたことが明らかになった. 課題2については, 送り手は, 配慮の意識から「状況推測表現」を用いていたが, 受け手には, 異なる解釈が生じていた. その解釈は, 具体的には「優しい」といったプラスの受け止めがみられた一方, 「失礼」といったマイナスの受け止めなどもみられ, 個別性が高いことが明らかになった. 
(英) The purpose of this study is to clarify what kind of interpretations are available in Japanese business email communication. The present study puts its focus on the expression which give rise to different interpretations among recipients and between the sender and the recipient. Qualitative research is conducted to examine the awareness of communication participants (i.e. a person as a sender and / or a recipient). The author conducted two surveys of Japanese business email communication. The senders were asked to write email messages and were then later interviewed. The recipients were asked to read the messages written by the senders and were then later interviewed about their awareness. The survey data was analyzed by focusing on functional constituents which were interpreted differently among the recipients and between the senders and recipients. We found that different interpretations arose with “the situation conjecture expression”. The sender wrote the expression to give specific considerations “Hairyo”, while the recipients interpreted it differently. For example, one recipient felt “kindness” while another recipient felt “impoliteness” with the same expression.
キーワード (和) 日本語 / ビジネス場面 / メール / コミュニケーション / 意識 / 質的研究 / /  
(英) Japanese / In a business setting / Email / Communication / Awareness / Qualitative research / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-42, pp. 31-36, 2016年12月.
資料番号 TL2016-42 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本語のビジネスメールでの状況推測表現に対する受け手の解釈 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recipients interpretation of Japanese business email communication 
サブタイトル(英) the situation conjecture expression 
キーワード(1)(和/英) 日本語 / Japanese  
キーワード(2)(和/英) ビジネス場面 / In a business setting  
キーワード(3)(和/英) メール / Email  
キーワード(4)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(5)(和/英) 意識 / Awareness  
キーワード(6)(和/英) 質的研究 / Qualitative research  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 友紀 / Yuki Hiramatsu /
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-17 10:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-42 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会