電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-17 11:45
意味の使用説とは何か ~ ウィトゲンシュタイン後期哲学における言語像 ~
徐 子程早大
抄録 (和) 従来から日本語教育学の研究者は哲学、いわゆる教育実践の現場に貢献できない無用且つ難解な文字遊びだと思われる分野に関しては、興味を滅多に示さない。例えそれはしばしば言語教育の目標だと言われる言語、に関する哲学も同様である。しかし、70年代に、日本語教育学の領域においてウィトゲンシュタイン後期哲学に対する誤読に基づいた皇民化教育を鼓吹する論考も確実に産出されていた。そしてその明らかな誤読に基づいた論考に対して如何に信念的に礼賛または拒否しても、合理的な評価、指摘は未だに存在しない。本稿は、該当論考は如何にウィトゲンシュタインの哲学を誤読し、ないし現在同じ状況も日本語教育学の領域に反複に発生していることを指摘することを目的とはしない。しかしながら、現在日本語教育学の領域において、プラグマティズム的なコミュニケーション重視という流れの原点に遡り、言語に対する認識をより明晰化していく必要があるだろう。本稿はウィトゲンシュタイン後期の『哲学探究』における言語像、いわゆる使用説と呼ばれるコミュニケーション重視または語用論への転回の原点を考察する。または、回避不可能に使用説と緊密に関係する「規則に従う」をも検討していくことにする。 
(英) This treatise is a investigation about a theory of language called Use theory of Meaning,that in Ludwig Wittgenstein's Philosophical Investigations.And it involves what is "Following a rule" in Philosophical Investigations consequentially.
キーワード (和) 使用説 / 言語ゲーム / 規則に従う / ウィトゲンシュタイン哲学 / 哲学探究 / / /  
(英) Use theory of Meaning / Language-game / Following a rule / Wittgenstein / Philosophical Investigations / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-46, pp. 51-56, 2016年12月.
資料番号 TL2016-46 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 意味の使用説とは何か 
サブタイトル(和) ウィトゲンシュタイン後期哲学における言語像 
タイトル(英) Use theory of Meaning 
サブタイトル(英) Theory of language in Philosophical Investigations 
キーワード(1)(和/英) 使用説 / Use theory of Meaning  
キーワード(2)(和/英) 言語ゲーム / Language-game  
キーワード(3)(和/英) 規則に従う / Following a rule  
キーワード(4)(和/英) ウィトゲンシュタイン哲学 / Wittgenstein  
キーワード(5)(和/英) 哲学探究 / Philosophical Investigations  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徐 子程 / Xu Zicheng / ジョ シテイ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-17 11:45:00 
発表時間 90 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-46 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会