電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-17 15:30
When Introspective Judgments Conflict -- A Case Study of Honorification --
Sanghoun SongIncheon National Univ.)・Eunjeong OhSangmyung Univ.
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Many previous syntactic studies regard honorifics (particularly, in Korean and Japanese) as agreement phenomena just as subject-verb agreement in Indo-European languages. However, there are some counterarguments to this view from the perspective of observing language data as well as establishing a theory of grammar in human language. Several previous studies argue that there exist quite a few counterexamples that show honorifics are not necessarily realized in accordance with agreement. Along this line (i.e. no honorification-as-agreement), the present study provides two pieces of evidence to challenge the view of honorification-as-agreement. First, the present study explores a spoken corpus transcribed into Korean to see whether or not the constituents agree with each other in terms of honorification. Second, the present study conducts acceptability judgment testing to examine whether or not Korean native speakers respond to agreement of honorifics sensitively. These examinations reveal that there are very few empirical findings supporting honorification-as-agreement. Instead, the present study argues that honorification is (i) a matter of acceptability rather than grammaticality and (ii) a matter of tendency rather than restriction. In addition, the current analysis substantiates that honorification operates according to linguists’ expectations only in conversations between speakers and hearers and supports the existence of obligatory honorification.
キーワード (和) 内省判断 / 敬語 / 韓国語 / / / / /  
(英) introspective judgment / honorification / Korean / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-54, pp. 89-94, 2016年12月.
資料番号 TL2016-54 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) When Introspective Judgments Conflict 
サブタイトル(英) A Case Study of Honorification 
キーワード(1)(和/英) 内省判断 / introspective judgment  
キーワード(2)(和/英) 敬語 / honorification  
キーワード(3)(和/英) 韓国語 / Korean  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Sanghoun Song / Sanghoun Song /
第1著者 所属(和/英) 仁川大学校 (略称: 仁川大)
Incheon National University (略称: Incheon National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Eunjeong Oh / Eunjeong Oh /
第2著者 所属(和/英) 祥明大学校 (略称: 祥明大)
Sangmyung University (略称: Sangmyung Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-17 15:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-54 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会