電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-17 16:00
[招待講演]容認度評定の心理学的に妥当なモデルを求めて ~ 「文脈効果」の実態をより正確に理解する ~
黒田 航杏林大
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) This paper proposes a psychological plausible model of acceptability judgement that implements a reconceptualization of it based on Item Response Theory in broad sense. In the proposed model, factors contributing to acceptability rating are divided into three distinct sorts, $E$-, $C$- and $R$-dimensions, where $E$ specifies the intrinsic properties of linguistic expressions given to a set of ``raters'' $R$, who process them under a set of ``textual contexts'' $C$, or ``contexts in narrow sense.''

To put more concretely, when a set of linguistic expressions $E = set{e_1, e_2, ldots, e_n}$ are given to a set of human raters $R=set{r_1, r_2, ldots, r_N}$. The proposed model allows different raters, say $r_i$ and $r_j$, to respond differently to the same stimulus $e_k$, even if they share $C = set{c_1, c_2, ldots, c_m}$ as far as $r_i$ and $r_j$ have different potentials to respond to stimuli. Observed differences of response reflect differences in ``interpretational strategies,'' or different propensities to respond to a linguistic stimulus (composed of an expression $e_i$ embedded in a particular textual context $c_i$). This modeling is new in that it rejects the hypothesis of ``response homogeneity among raters/subjects,'' the crucial assumption held by linguists nearly unanimously.
キーワード (和) 容認度評定 / 容認性判断 / 不均質反応仮説 / 均質反応仮説 / 項目反応モデル / 文脈効果 / 個人差 /  
(英) acceptability judgement / acceptability rating / heterogeneous response hypothesis / homogeneous response hypothesis / item response modeling / contextual effect / individual variation /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-55, pp. 95-100, 2016年12月.
資料番号 TL2016-55 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 容認度評定の心理学的に妥当なモデルを求めて 
サブタイトル(和) 「文脈効果」の実態をより正確に理解する 
タイトル(英) In search of a psychologically realistic model of acceptability judgements 
サブタイトル(英) Towards a better understanding of how "context(ual) effects" work 
キーワード(1)(和/英) 容認度評定 / acceptability judgement  
キーワード(2)(和/英) 容認性判断 / acceptability rating  
キーワード(3)(和/英) 不均質反応仮説 / heterogeneous response hypothesis  
キーワード(4)(和/英) 均質反応仮説 / homogeneous response hypothesis  
キーワード(5)(和/英) 項目反応モデル / item response modeling  
キーワード(6)(和/英) 文脈効果 / contextual effect  
キーワード(7)(和/英) 個人差 / individual variation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 航 / Kow Kuroda / クロダ コウ
第1著者 所属(和/英) 杏林大学 (略称: 杏林大)
Kyorin University (略称: Kyorin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-17 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-55 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会