電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-17 11:45
日本語教育学における「標準化」イデオロギーの解明 ~ マルクス主義と記号論の観点から ~
桒原奈な子早大TL2016-44
抄録 (和) 日本語教育学において、学習者が晒され続ける「標準化」問題については、先行研究によって僅少ながら機会を得て批判されてきた。その批判はおよそイデオロギーを回避しない、寧ろそれを基点として明晰化されなくてはならないにも関わらず、イデオロギーの理論的性質を包含する解明は現状、決定的に欠如している。それ故先行研究の批判とはそもそも妥当性を獲得しきれないものであると考えられるが、本稿はそうした現状に対する一つの解決へと繋がるものである。即ち、その前提としてマルクス主義的な「物象化」の概念を、更に生成過程として記号論におけるコードの理論を取り上げ、それらに対する批判観点と併せて理論的解明を試みるものである。更に、「標準化」問題のより根源的な展開、つまりそのイデオロギー的側面は当事者として学習者より寧ろ社会における包括的な主体を捉えるものであるとする考察を見据えても、あるいは現実としてのイデオロギーを捉えた先で行われる、権力のうちに拡大する問題、冷笑的に見過ごされる諸課題や日本語教育学における閉鎖的側面を述べる前段階、あるいは土台を示すものとしても、理論的解明は意義を持つものであろう。 
(英) This treatise tries to solve the absense of theoretical approach in previous "standardization" Ideological researches at Japanese-language education. The theory would be elucidated via Reification (Marxism) as its premise, and also via Encoding (semiotics) as its generating process, including some critical points.
キーワード (和) 日本語教育の「標準化」 / イデオロギー / マルクス物象化論 / コード理論 / ジジェク / / /  
(英) standardization / ideology / Reification (Marxism) / Encoding (semiotics) / Zizek / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-44, pp. 43-48, 2016年12月.
資料番号 TL2016-44 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2016-44

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本語教育学における「標準化」イデオロギーの解明 
サブタイトル(和) マルクス主義と記号論の観点から 
タイトル(英) Elucidation of "standardization" ideology at Japanese-language education 
サブタイトル(英) From the perspective of Marxism and Semiotics 
キーワード(1)(和/英) 日本語教育の「標準化」 / standardization  
キーワード(2)(和/英) イデオロギー / ideology  
キーワード(3)(和/英) マルクス物象化論 / Reification (Marxism)  
キーワード(4)(和/英) コード理論 / Encoding (semiotics)  
キーワード(5)(和/英) ジジェク / Zizek  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 桒原 奈な子 / Nanako Kuwahara / クワハラ ナナコ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-17 11:45:00 
発表時間 90 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-44 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会