電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-17 16:30
Sincerity Condition Revisited: Truth or Dare?
Sachiko ShudoWaseda Univ.
抄録 (和) 発話行為には謝罪や感謝表明のように話し手の心的状態を反映させるものがある。このような心的状態と発話行為の関係をSearle(1969, 1979)は発話行為の誠実性条件として表している。誠実性条件の内容は、「話し手が誠実な場合は」という条件付きで聞き手に伝達される。本稿ではこの誠実性条件が情報を伝達するプロセスを再考する。謝罪を例に扱い、誠実性条件が満たされているか否かを韻律や声の調子が示し、それを聞き手が判断する過程には「自然的意味」と「非自然的意味」(Grice 1957)が混在していることを示す。 
(英) Some speech acts, such as apologizing and thanking, involve psychological states of the speaker. The relationships between the speech acts and the corresponding psychological states have been explained under the label of "sincerity condition" (Searle 1969, 1979). The sincerity condition is a condition such that, if the speaker is sincere (IF SS) in doing the speech act, the condition is supposed to be satisfied. In this talk, I will attempt to investigate what is really meant by the sincerity condition. I will particularly focus on that aspect of the sincerity condition that delivers the information that satisfies the sincerity condition with the IF SS condition. Using examples of apology, I will claim that how the prosody in apology signals the sincerity condition and how the hearer judges it involve both natural and non-natural meanings (Grice 1957).
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) speech act / sincerity condition / meaning / truth / apology / natural meaning / non-natural meaning /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-56, pp. 101-104, 2016年12月.
資料番号 TL2016-56 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sincerity Condition Revisited: Truth or Dare? 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / speech act  
キーワード(2)(和/英) / sincerity condition  
キーワード(3)(和/英) / meaning  
キーワード(4)(和/英) / truth  
キーワード(5)(和/英) / apology  
キーワード(6)(和/英) / natural meaning  
キーワード(7)(和/英) / non-natural meaning  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 首藤 佐智子 / Sachiko Shudo / シュドウ サチコ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-17 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-56 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.101-104 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会