電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 10:55
EV・PHV向け非接触給電システムからの磁界曝露に伴う体内誘導電界の評価
伯田祐輔渡辺俊明松沢晋一郎豊田中研EMCJ2016-100
抄録 (和) 近年,EV・PHVの充電をワイヤレスで行う非接触給電システムの開発が進められている.しかし,安全性の観点から,電力伝送時に送電コイル周辺に漏洩する磁界が,人体に曝露することによる健康への影響が懸念されている.これを定量的に評価するための指標として,ICNIRP (国際非電離放射線防護委員会)では体内に誘導された電界 (体内誘導電界)の使用を推奨している.本稿では,普通乗用車を充電対象とし,1次コイルと2次コイルのギャップ長を変えた場合において,体内誘導電界の評価を行った. 
(英) Recently, technology of wireless power transfer (WPT) system for EV/PHV has been developed. However it is concerned about the influence on human health by exposure to leaked magnetic field from WPT system for human safety. ICNIRP guideline makes a recommendation that the induced electric field in human body is used for assessment of human safety. In this paper, the values of this physical quantity are evaluated for different gap length between primary coil and secondary one.
キーワード (和) 非接触給電 / ICNIRP / 体内誘導電界 / / / / /  
(英) Wireless Power Transfer / ICNIRP / induced Electric Field in Human Body / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 370, EMCJ2016-100, pp. 7-12, 2016年12月.
資料番号 EMCJ2016-100 
発行日 2016-12-09 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2016-100

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-16 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 電力,生体,EMC一般 
テーマ(英) Power electronics, Biomedical EMC, EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2016-12-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EV・PHV向け非接触給電システムからの磁界曝露に伴う体内誘導電界の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of the Induced Electric Field in Human Body by Exposure to Leaked Magnetic Field from Wireless Power Transfer System for EV and PHV 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非接触給電 / Wireless Power Transfer  
キーワード(2)(和/英) ICNIRP / ICNIRP  
キーワード(3)(和/英) 体内誘導電界 / induced Electric Field in Human Body  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伯田 祐輔 / Yusuke Hakuta / ハクタ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
TOYOTA Central Research and Development Laboratories Inc. (略称: TOYOTA Central R&D Labs., Inc.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 俊明 / Toshiaki Watanabe / ワタナベ トシアキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
TOYOTA Central Research and Development Laboratories Inc. (略称: TOYOTA Central R&D Labs., Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松沢 晋一郎 / Shin-ichiro Matsuzawa / マツザワ シンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
TOYOTA Central Research and Development Laboratories Inc. (略称: TOYOTA Central R&D Labs., Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2016-100 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会