お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 16:20
整流器を用いるアンテナインピーダンスの推定法の提案
柳原世周土本隼也伊東健治野口啓介井田次郎金沢工大MW2016-170 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-170
抄録 (和) 微弱電波を用いたエネルギー・ハーべスティング用レクテナにおいては,高インピーダンスアンテナの適用による高効率化,高出力電圧化が有効である.このような用途のアンテナでは,1kΩを超える高いインピーダンスの測定が課題となる.本報告では,整流器を用いるアンテナインピーダンスの推定法を提案する.本手法では,被測定アンテナに接続するブリッジ形整流器の整流効率と最適負荷抵抗より,アンテナインピーダンスを推定する.ここでは原理的な確認のため,理想的なスイッチ特性を有する整流用ダイオードを用いた計算実験を行う.その結果,インピーダンス1.6kΩの折り返しダイポールアンテナにおいて, の誤差でインピーダンスを推定できることを確認している 
(英) For improving characteristics of rectennas used in the energy harvesting systems, it is effective to employ the rectenna topology with the high impedance antenna. To develop antennas with extreme high impedance more than 1 k, it is difficult to measure such high impedance with the commercial network analyzer. In this report, we propose the estimation method of extreme high antenna impedance by using a RF rectifier. In the proposed method, antenna impedance can be estimated from rectification efficiency and optimized load resistance of the bridge type rectifier connected to the measured antenna. For verification of the principle on the proposed method, the diode model with ideal switching characteristics is employed in the simulational investigations. As a result, the estimated antenna impedance of the folded dipole antenna with 1.6 k impedance is in good agreements with 17.5 %rms error.
キーワード (和) レクテナ / ブリッジ形整流回路 / SBD / / / / /  
(英) Rectifier / Bridge type rectifier / Rectenna / SBD / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 363, MW2016-170, pp. 215-219, 2016年12月.
資料番号 MW2016-170 
発行日 2016-12-08 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2016-170 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-170

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2016-12-15 - 2016-12-16 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy 
テーマ(和) 学生研究会/マイクロ波一般 
テーマ(英) Students Session / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 整流器を用いるアンテナインピーダンスの推定法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The estimation method of antenna impedance by using a RF rectifier 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レクテナ / Rectifier  
キーワード(2)(和/英) ブリッジ形整流回路 / Bridge type rectifier  
キーワード(3)(和/英) SBD / Rectenna  
キーワード(4)(和/英) / SBD  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳原 世周 / Seishu Yanagihara / ヤナギハラ セイシュウ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
kanazawa institute of technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土本 隼也 / Shunya Tsuchimoto / ツチモト シュンヤ
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
kanazawa institute of technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 健治 / Kenji Itoh / イトウ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
kanazawa institute of technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 啓介 / Keisuke Noguchi / ノグチ ケイスケ
第4著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
kanazawa institute of technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 次郎 / Jiro Ida / イダ ジロウ
第5著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
kanazawa institute of technology (略称: KIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2016-170 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.363 
ページ範囲 pp.215-219 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2016-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会