電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 10:30
複素誘電率による血液含水率の推定法の検討
瀬尾真之助安在大祐王 建青名工大
抄録 (和) 医療・ヘルスケア分野において,血液の含水率を把握することは,脱水症の早期発見や血糖状態の推定に繋がると考えられている.血液の含水率をリアルタイムで簡便に評価することができれば,含水率の減少による疾患の予防に貢献できる.そこで本研究では,血液の複素誘電率を測定することにより含水率を推定する方法を提案した.その有効性の検証として,純水で薄めることで含水率を変化させたりんごジュースの複素誘電率をネットワークアナライザと開放終端同軸プローブを用いて測定し,含水率の推定を行った.その結果,校正用溶液が用意できれば約1%以内の誤差,用意できなければ約15%以内の誤差で推定できることを示した.そして,本提案法を測定された血液の複素誘電率に適用することで,18 名成人の血液の含水率の推定を行い,0.35~0.45 の含水率が得られ,脱水症の評価に用いられる可能性を示した.また,過去1~2 か月の血糖値の平均を知ることができる血液のHbA1c と含水率との相関関係を調べ,約0.5 の相関係数を見出し,含水率とHbA1c との間にある程度の相関関係を有することを明らかにした. 
(英) Blood’s hydrated rate is useful information in healthcare and medical applications. If we can easily evaluate blood’s hydrated rate in real time, it can contribute to prevention of diseases due to decreasing hydrated rate. In this study, we proposed a method to estimate hydrated rate based on complex permittivity measurement of blood. First, to verify its validity, we measured complex permittivity of apple juice with varying hydrated rate by pure water by using of network analyzer and open ended coaxial probe, and estimated the hydrated rate by using the proposed method. The estimated hydrated rates exhibit fair accuracy, which ensured the validity of the proposed method. In addition, HbA1c is useful index to know the average of the blood glucose levels in the past one or two months. We therefore also investigated the relationship between the hydrated rate and HbA1c of blood.
The result shows a correlation coefficient of 0.5, which suggests a possibility to monitor the average blood glucose level by complex permittivity measurement.
キーワード (和) 複素誘電率 / 血液 / 含水率 / HbA1c / / / /  
(英) complex permittivity / blood / hydrated rate / Hba1c / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 370, EMCJ2016-99, pp. 1-5, 2016年12月.
資料番号 EMCJ2016-99 
発行日 2016-12-09 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-16 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 電力,生体,EMC一般 
テーマ(英) Power electronics, Biomedical EMC, EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2016-12-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複素誘電率による血液含水率の推定法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of Blood's Hydrated Rate based on Complex Permittivity Measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複素誘電率 / complex permittivity  
キーワード(2)(和/英) 血液 / blood  
キーワード(3)(和/英) 含水率 / hydrated rate  
キーワード(4)(和/英) HbA1c / Hba1c  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬尾 真之助 / Shinnosuke Seo / セオ シンノスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安在 大祐 / Daisuke Anzai / アンザイ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 建青 / Jianqing Wang / オウ ケンセイ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2016-99 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会