お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 13:50
独立して中心周波数が可変な超伝導チューナブルデュアルバンド帯域通過フィルタの研究
海野雄丈關谷尚人山梨大MW2016-163 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-163
抄録 (和) 1つの共振器で2つの共振を持つデュアルバンドパス共振器に,誘電体ロッドを用いて各共振で独立周波数チューニングが可能な方法を検討した.また,誘電体ロッドによる周波数シフト量を大きくするために共振器形状も検討した.独立周波数チューニング方法の検証のために,4段の超伝導チューナブルデュアルバンド帯域通過フィルタを設計,作製,測定を行い,各バンドのチューニング特性の評価を行った.その結果,低損失で良好な周波数特性を有するデュアルバンド帯域通過フィルタが得られ,中心周波数がそれぞれ1.40-1.50 GHz,1.896-2.0GHのチューニング幅が得られた. 
(英) We have developed a tunable dual-band bandpass filter (DBPF) with independently controllable center frequencies by dielectric rods. To increase the tunable range, we used stub-loaded hair-pin step-impedance resonator (SIR). To investigate the tunable property of the proposed filter, we designed and fabricated a four-pole superconducting tunable DBPF. The measured frequency response of the filter agrees well with simulated one. The achieved results indicated center frequencies tuning ranges of 1.40-1.50 GHz and 1.896-2.0 GHz, respectively.
キーワード (和) 高温超伝導 / デュアルバンド帯域通過フィルタ / チューナブル / / / / /  
(英) high-temperature superconductor / dual-band bandpass filter / tunable / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 363, MW2016-163, pp. 177-181, 2016年12月.
資料番号 MW2016-163 
発行日 2016-12-08 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2016-163 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-163

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2016-12-15 - 2016-12-16 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy 
テーマ(和) 学生研究会/マイクロ波一般 
テーマ(英) Students Session / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 独立して中心周波数が可変な超伝導チューナブルデュアルバンド帯域通過フィルタの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of superconducting tunable dual-band bandpass filter with independently controllable center frequencies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高温超伝導 / high-temperature superconductor  
キーワード(2)(和/英) デュアルバンド帯域通過フィルタ / dual-band bandpass filter  
キーワード(3)(和/英) チューナブル / tunable  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 海野 雄丈 / Takahiro Unno / ウンノ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 關谷 尚人 / Naoto Sekiya / セキヤ ナオト
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2016-163 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.363 
ページ範囲 pp.177-181 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2016-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会