電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 16:45
携帯から目を離したくなる観光アプリのために ~ 未知の発見・日光における実証報告 ~
平松裕子佐藤文博中大)・伊藤 篤羽多野裕之佐藤美恵渡辺 裕宇都宮大)・佐々木 陽GClue
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 日常空間でも,また休暇で赴く観光地でも,私たちは情報端末によりさまざまな情報を簡単に取得する.未知のものに対する不安は減少し,人にものを尋ねるまでもない.しかし,このような中で果たして旅の魅力は生まれるであろうか.未知のものに接する興奮は観光に必須である.知りたい欲求に訴える仕組みをビーコン利用のアプリの中で考案した.情報の固定化が課題となっている世界遺産地域日光における実証結果に関して発表する. 
(英) We can get a large amount of information using mobile phones easily. It is very convenience in our ordinary lives. However, it cannot make us so exciting for traveling. While the provision of information may lessen the anxiety experienced by tourists, the promise of the unexpected makes travel attractive. We developed an application using Bluetooth Low Energy (BLE) beacons that not only provides a guide to a specific location but also makes tourists to feel some unknown and attractive objects exist the area. Our experiments at the Nikko, the world heritage site in Japan, demonstrated the effectiveness of the BLE beacon application.
キーワード (和) BLE ビーコン / スマートフォンアプリケーション / 世界遺産 / Zeigarnik効果 / / / /  
(英) BLE Beacon / Smartphone Application / World Heritage site / Zeigarnik effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-40, pp. 21-26, 2016年12月.
資料番号 TL2016-40 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 携帯から目を離したくなる観光アプリのために 
サブタイトル(和) 未知の発見・日光における実証報告 
タイトル(英) Finding New Attractive Points Using the Beacon Application for Old Traditional Areas 
サブタイトル(英) Our experiments in Nikko 
キーワード(1)(和/英) BLE ビーコン / BLE Beacon  
キーワード(2)(和/英) スマートフォンアプリケーション / Smartphone Application  
キーワード(3)(和/英) 世界遺産 / World Heritage site  
キーワード(4)(和/英) Zeigarnik効果 / Zeigarnik effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 裕子 / Yuko Hiramatsu / ヒラマツ ユウコ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 文博 / Fumihiro Sato / サトウ フミヒロ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 篤 / Atsushi Ito / イトウ アツシ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hatano / ハタノ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 美恵 / Mie Sato / サトウ ミエ
第5著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 裕 / Yu Watanabe / ワタナベ ユウ
第6著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 陽 / Akira Sasaki / ササキ アキラ
第7著者 所属(和/英) 株式会社GClue (略称: GClue)
Glue Inc (略称: GClue)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 16:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-40 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会