電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 15:20
EMCを低減するベクトル合成を用いたワイヤレス給電法の理論解析と実証実験
郡 武治静岡理工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、電気自動車の給電など大容量ワヤイヤレス給電(WPTシステム)の需要が高く、研究開発が本格化している。実用化おいて、大電力伝送であることから漏洩電磁波が問題になる。筆者は、ワイヤレス電力伝送において生じる漏洩電磁波を削減する方法として、位相の異なる給電交流信号を用いた複数コイルによるWTPシステムにすれば、漏洩電磁波はベクトル的に合成され、相殺することにより、漏洩電磁波を軽減する方法を提案している(1)(2)(3)(4)(5)。
EV/PHEV用ワイヤレスシステム給電では数kWの大容量給電であることからEMC軽減は重要であり、提案方法の効果が期待できる。さらに給電ユニットのアライメント(給電側と受電コイルの位置合わせ)など不整合による漏洩電磁波など考慮すべき所があり、提案方法は非常に有用であると考えられる。
本文では、最初にベクトル合成によるEMC軽減の原理を説明し、近接電磁波伝搬モデルを用いた理論式によるシミュレーションを行い、EMC削減効果を推定する。次に、現在実用化が検討されているEV/PHEV用ワイヤレス給電システム(WPTシステム)に用いられる可能性の高い80kHz帯のWPTを試作し、単体試験による評価を行う。測定結果として、給電コイルの中心から50cmから1m離れた所で、同相給電に比べ三相給電ではEMCが15dB以上低くなり、漏洩電磁波削減効果があることが分かった。これらの特性は理論値による計算機シミュレーション結果と一致している。
最終的に行った自動車を用いたより実際に近づけた実証実験においても、車下の複雑な伝搬経路において、受信電界強度の強い1m以内であれば8dB以上の改善効果のあることを確認し、実用の可能性の高いことを実証した。 
(英) I propose a leak electromagnetic wave reduction method with combining vectors for a Wireless Power Transmission/Transfer System. Recently, the large-capacity wireless power transmission for the electric vehicle researched and developed. A leak electromagnetic wave becomes a problem because it is a high-power transmission.
I developed the electromagnetic radiation reducing apparatus using three-phase signals, and verified experimentally. As a result, it was found that there is the improvement of about 15dB in power transmission direction.
In this paper, I theoretically investigated the electromagnetic radiation generated in the wireless power transmission. Finally, EMC reduction effect was clarified by demonstration experiment.
キーワード (和) ワイヤレス電力伝送 / ベクトル合成 / 漏えい電磁波 / 給電 / / / /  
(英) Wireless Energy Transmission System / Compromising Emanations / Combining Vectors / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 370, EMCJ2016-107, pp. 43-48, 2016年12月.
資料番号 EMCJ2016-107 
発行日 2016-12-09 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-16 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 電力,生体,EMC一般 
テーマ(英) Power electronics, Biomedical EMC, EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2016-12-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EMCを低減するベクトル合成を用いたワイヤレス給電法の理論解析と実証実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) EMC Reduction Method with Combining Vectors for a Wireless Energy Transmission System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワイヤレス電力伝送 / Wireless Energy Transmission System  
キーワード(2)(和/英) ベクトル合成 / Compromising Emanations  
キーワード(3)(和/英) 漏えい電磁波 / Combining Vectors  
キーワード(4)(和/英) 給電 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 郡 武治 / Takeharu Kohri /
第1著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Shizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2016-107 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会