電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 10:05
データベースを用いた設計情報管理方式による演算増幅器の自動設計
菅原誉士紀高井伸和鈴木研人大河内一登吉澤 慧石井 司篠田沙樹福田雅史群馬大エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2016-92
抄録 (和) アナログ回路設計は、回路図の選択や素子値の決定など設計自由度が高く、かつ複雑なトレードオフが内在するため、膨大な知識と経験が必要である。しかし、LSIの高性能化の競争は年々激化しており、自動設計システムの開発による設計短期化・高効率化が急務である。本研究では、過去の設計情報を蓄積したデータベースの使用により、従来の問題であった初期回路決定のランダム性を排除し、要求特性に基づいた回路図と素子値の自動設計を目指す。これにより、仕様に見合った回路構成による自動設計が実現した。 
(英) Designing optimal analog circuit is difficult in terms of designing flexibility. However, the demand of high performance analog circuit has been increasing, so that improvement of efficiency in analog circuit design is necessary.In this paper, we propose automated analog circuit design using Genetic Algorithm (GA) combined with database. Combination of GA and database can be effective in selecting circuit topology considering the design requirements. Finally, we conclude with some design results using 3 evaluation formulas in comparison with the results of other method for automatic design.
キーワード (和) 演算増幅器 / 自動設計 / 遺伝的アルゴリズム / データベース / / / /  
(英) Operational Amplifier / Automatic Design / Genetic Algorithm / Database / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 364, ICD2016-92, pp. 123-128, 2016年12月.
資料番号 ICD2016-92 
発行日 2016-12-08 (ICD, CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ICD CPSY  
開催期間 2016-12-15 - 2016-12-16 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2016-12-ICD-CPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データベースを用いた設計情報管理方式による演算増幅器の自動設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Design of Operational Amplifier Based on Design Information Management System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 演算増幅器 / Operational Amplifier  
キーワード(2)(和/英) 自動設計 / Automatic Design  
キーワード(3)(和/英) 遺伝的アルゴリズム / Genetic Algorithm  
キーワード(4)(和/英) データベース / Database  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 誉士紀 / Yoshiki Sugawara / スガワラ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 伸和 / Nobukazu Takai / タカイ ノブカズ
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 研人 / Kento Suzuki / スズキ ケント
第3著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大河内 一登 / Kazuto Okochi / オオコウチ カズト
第4著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 慧 / Satoshi Yoshizawa / ヨシザワ サトシ
第5著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 司 / Tsukasa Ishii / イシイ ツカサ
第6著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 沙樹 / Saki Shinoda / シノダ サキ
第7著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 雅史 / Masafumi Fukuda / フクダ マサフミ
第8著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 10:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2016-92,IEICE-CPSY2016-98 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.364(ICD), no.365(CPSY) 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2016-12-08,IEICE-CPSY-2016-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会