電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 14:55
緩やかに立上がる波形を入力に用いる理想ステップ応答推定法と損失線路パラメータ導出への応用
松下優斗関根敏和高橋康宏岐阜大EMCJ2016-106
抄録 (和) 立ち上がりの緩やかな波形を入力したときの応答から,逆畳込みを利用して理想ステップ応答を推定する一方法を提案している,本方法は,すべての計算を時間領域で行うところに特長がある.初めに推定式の導出を述べ,集中定数回路への適用例を示す.次に損失線路の等価分布一次定数導出への応用を述べる.これは,線路が損失を持つ場合へのTDR法の拡張になっている. 
(英) The method for estimating the ideal step response from the slow rising wave response is proposed. An advantage of this method is to perform all calculations in the time domain.
First estimation formula is derived and some of the example of application to a lumped constant circuit is shown.
Next the application of deriving the equivalent distributed constant parameters of lossy transmission is described.
This has become an extension of the TDR method to the lossy transmission line.
キーワード (和) ステップ応答 / 逆畳み込み / TDR法 / 損失分布定数線路解析 / / / /  
(英) step response / inverse convolution / time domain reflectometry / lossy transmission line analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 370, EMCJ2016-106, pp. 37-42, 2016年12月.
資料番号 EMCJ2016-106 
発行日 2016-12-09 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2016-106

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-16 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 電力,生体,EMC一般 
テーマ(英) Power electronics, Biomedical EMC, EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2016-12-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 緩やかに立上がる波形を入力に用いる理想ステップ応答推定法と損失線路パラメータ導出への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An ideal step response estimation method using the input of slow rising waveform and application to lossy transmission line parameter deriving 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ステップ応答 / step response  
キーワード(2)(和/英) 逆畳み込み / inverse convolution  
キーワード(3)(和/英) TDR法 / time domain reflectometry  
キーワード(4)(和/英) 損失分布定数線路解析 / lossy transmission line analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 優斗 / Yuto Matsushita / マツシタ ユウト
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関根 敏和 / Toshikazu Sekine / セキネ トシカズ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 康宏 / Yasuhiro Takahashi / タカハシ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2016-106 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会