電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 16:15
BLEビーコンを利用した観光支援技術
伊藤 篤宇都宮大)・平松裕子中大)・上田一貴東大)・羽多野裕之佐藤美恵渡辺 裕宇都宮大)・佐藤文博中大)・佐々木 陽GClue
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では、戦略的情報通信研究開発推進事業 (SCOPE):地域 ICT 振興型研究開発の一つとして実施している日光観光案内アプリの概要を述べ、そこで利用されている「期待・気づき・記憶」のユーザエクスペリエンスモデルとその拡張について述べた。情報伝達の手段を適切に利用することで(例えば、手書き風の絵葉書)、ある人の旅行体験が、他人にもうまく伝えることができるようになることが期待できる。 
(英) In this paper, we explain the outline of our sightseeing support application using BLE beacon in Nikko, one of world cultural heritages in Japan. Development of this application is performed as a project of SCOPE (Strategic Information and Communications R&D Promotion Programme) funded by Ministry of Internal Affairs and Communications in Japan. We also explain the user experience model that we are using as a basis of our application. This UX model is based on “expectation, awareness and memory” and unknown part. Then we extend this model to explain the relation between two persons to transfer the experience of travel. For example, a letter produced by an automatic colorization system for freehand line drawing could be useful to persuade receivers to visit location.
キーワード (和) 観光案内 / BLEビーコン / スマートフォン / 観光心理学 / 世界遺産 / ツァイガルニク効果 / /  
(英) Sightseeing Support / BLE Beacon / Smartphone / Psychology for sightseeing / World Cultural Heritage / Zeigarnik Effect / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-39, pp. 15-20, 2016年12月.
資料番号 TL2016-39 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BLEビーコンを利用した観光支援技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Technological Support for Tourism using BLE Beacon 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 観光案内 / Sightseeing Support  
キーワード(2)(和/英) BLEビーコン / BLE Beacon  
キーワード(3)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(4)(和/英) 観光心理学 / Psychology for sightseeing  
キーワード(5)(和/英) 世界遺産 / World Cultural Heritage  
キーワード(6)(和/英) ツァイガルニク効果 / Zeigarnik Effect  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 篤 / Atsushi Ito / イトウ アツシ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 裕子 / Yuko Hiramatsu / ヒラマツ ユウコ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chou Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 一貴 / Kazutaka Ueda / ウエダ カズタカ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: University of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hatano / ハタノ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 美恵 / Mie Sato / サトウ ミエ
第5著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 裕 / Yu Watanabe / ワタナベ ユウ
第6著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 文博 / Fumihiro Sato / サトウ フミヒロ
第7著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 陽 / Akira Sasaki / ササキ アキラ
第8著者 所属(和/英) 株式会社 GClue (略称: GClue)
GClue Inc (略称: GClue)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-39 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会