電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-16 15:45
擬似アナログ信号を用いたヒステリシス制御DC-DC ConverterのEMI低減
三木夏子高井伸和群馬大)・小堀康功小山高専)・浅石恒洋築地伸和須永祥希小林春夫群馬大エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2016-98
抄録 (和) 擬似アナログ信号を用いたヒステリシス制御方式降圧型コンバータのEMI低減化における提案回路の基板実装を行い,各特性測定をする.実装回路においてPWMスペクトル波形及び出力電圧のリップル波形を測定し,EMIのピーク電圧が6dB減少することを確認した. 
(英) In this paper, we propose a circuit implementation of the proposed circuit in EMI reduction of hysteresis control type buck converter using pseudo analog signal and measure its characteristics.The PWM spectral waveform and the ripple waveform of the output voltage were measured in the packaging circuit, and it was confirmed that the peak voltage of EMI decreased by 6 dB.
キーワード (和) ヒステリシス制御 / DC-DCコンバータ / EMI低減 / 擬似アナログ信号 / M系列回路 / / /  
(英) Hysteric Control / DC-DC Converter / EMI Reduction / Pseudo Analog Signal / M-sequence Circuit / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 364, ICD2016-98, pp. 151-154, 2016年12月.
資料番号 ICD2016-98 
発行日 2016-12-08 (ICD, CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ICD CPSY  
開催期間 2016-12-15 - 2016-12-16 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2016-12-ICD-CPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 擬似アナログ信号を用いたヒステリシス制御DC-DC ConverterのEMI低減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) EMI reduction for hysteretic controlled DC-DC Converter using Pseudo Analog Signal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヒステリシス制御 / Hysteric Control  
キーワード(2)(和/英) DC-DCコンバータ / DC-DC Converter  
キーワード(3)(和/英) EMI低減 / EMI Reduction  
キーワード(4)(和/英) 擬似アナログ信号 / Pseudo Analog Signal  
キーワード(5)(和/英) M系列回路 / M-sequence Circuit  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 夏子 / Natsuko Miki / ミキ ナツコ
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 伸和 / Nobukazu Takai / タカイ ノブカズ
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小堀 康功 / Yasunori Kobori / コボリ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) 小山工業高等専門学校 (略称: 小山高専)
Oyama National Institute of Technology (略称: Oyama NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅石 恒洋 / Koyo Asaishi / コウヨウ アサイシ
第4著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 築地 伸和 / nobukazu tsukiji / ツキジ ノブカズ
第5著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 須永 祥希 / Yoshiki Sunaga / スナガ ヨシキ
第6著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 春夫 / haruo kobayashi / コバヤシ ハルオ
第7著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-16 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2016-98,IEICE-CPSY2016-104 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.364(ICD), no.365(CPSY) 
ページ範囲 pp.151-154 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ICD-2016-12-08,IEICE-CPSY-2016-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会