お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-15 15:30
[ポスター講演]残差アンプの増幅率変動がサブレンジング型ADCの変換精度に及ぼす影響の解析
手代木翔太佐々木昌浩芝浦工大ICD2016-80 CPSY2016-86 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2016-80
抄録 (和) 2ステージでA/D変換を行うサブレンジング型ADC(Analog to Digital Converter)では,ステージ間の信号処理に固定倍率の残差アンプが用いられている.この方式では,高速で高精度なA/D変換が可能になる反面,製造ばらつき等の影響による増幅率の変動で,A/D変換精度が大幅に低下することが問題となっている.そこで本研究では,補正回路の開発に向けて,製造ばらつきによる増幅率の変動を想定したシミュレーションを行い,ADCの変換精度への影響を解析する. 
(英) In a subranging ADC (Analog to Digital Converter) that converts the analog input signal to digital one with two cascade connected stages, a fixed gain residual amplifier is used for amplifying subtracted signals between the stages. This type ADC is enable to perform both high-speed and high precision features. Whereas, since the amplifier gain fluctuates due to the influence of process variations, a problem of abrupt accuracy reduction on A/D conversion occurs.
Therefore, in this research, to develop the gain error correction circuit, the effect on the conversion accuracy is analyzed by the simulation in which fluctuations of the amplifier gain due to process variations are assumed.
キーワード (和) 残差アンプ / サブレンジング型ADC / / / / / /  
(英) residue amplifier / subranging ADC / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 364, ICD2016-80, pp. 87-87, 2016年12月.
資料番号 ICD2016-80 
発行日 2016-12-08 (ICD, CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2016-80 CPSY2016-86 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2016-80

研究会情報
研究会 ICD CPSY  
開催期間 2016-12-15 - 2016-12-16 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2016-12-ICD-CPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 残差アンプの増幅率変動がサブレンジング型ADCの変換精度に及ぼす影響の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of the influence on the subranging ADC accuracy caused by residue amplifier gain variation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 残差アンプ / residue amplifier  
キーワード(2)(和/英) サブレンジング型ADC / subranging ADC  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 手代木 翔太 / Shota Teshirogi / テシロギ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 昌浩 / Masahiro sasaki / ササキ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-15 15:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2016-80,IEICE-CPSY2016-86 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.364(ICD), no.365(CPSY) 
ページ範囲 p.87 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-ICD-2016-12-08,IEICE-CPSY-2016-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会