お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-15 14:00
近傍界におけるアレーアンテナ間電力伝送効率の評価
兒島清志朗篠原真毅三谷友彦京大MW2016-143 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-143
抄録 (和) アレーアンテナを開口面アンテナと近似することで, アレーアンテナ間の電力伝送効率を理論的に計算することが出来る. しかし, アレーアンテナを用いた近傍界の電力伝送において実測値と理論値では大きな差があることが報告されている. この原因として, 理論計算に損失が考慮されていないことが挙げられる. 特に近傍界において受電アンテナに球面波が入射するため, 各受電素子における受電電界の振幅・位相が異なり給電回路において電力合成時に損失が生じる. 本研究ではアレーアンテナを設計し, アンテナ損失や電力合成損失などの各損失をシミュレーションによって推定した. 最後に設計したアンテナを用いて電力伝送実験を行い, 損失を考慮した理論伝送効率と実測値を比較し, 損失を考慮することで実測値に近づいた. 
(英) Power transmission efficiency between array antennas is calculated by regarding array them as aperture antennas. However, it is reported that there is a considerable gap between theoretical efficiency and measured one. As the reason, it can be considered that the theoretical calculation doesn't include losses. In particular, an incident wave on receiving antenna is a spherical wave in the near field and a loss occurs in power combined circuit because the amplitude and the phase of the electric field are different between elements. In this paper, we designed an array antenna and estimated losses such as antenna loss and synthesis loss in the simulation. Finally, we measured the power transmission efficiency by using the designed array antenna. As the result, we found that the efficiency including the estimated losses approached the measured efficiency.
キーワード (和) 無線電力伝送 / アレーアンテナ / 近傍界 / / / / /  
(英) Wireless power transfer / Array antenna / Near field / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 363, MW2016-143, pp. 61-65, 2016年12月.
資料番号 MW2016-143 
発行日 2016-12-08 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2016-143 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-143

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2016-12-15 - 2016-12-16 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy 
テーマ(和) 学生研究会/マイクロ波一般 
テーマ(英) Students Session / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近傍界におけるアレーアンテナ間電力伝送効率の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Power Transmission Efficiency between Array Antennas in the Near Field 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / Wireless power transfer  
キーワード(2)(和/英) アレーアンテナ / Array antenna  
キーワード(3)(和/英) 近傍界 / Near field  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 兒島 清志朗 / Seishiro Kojima / コジマ セイシロウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 真毅 / Naoki Shinohara / シノハラ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 友彦 / Tomohiko Mitani / ミタニ トモヒコ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-15 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2016-143 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.363 
ページ範囲 pp.61-65 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2016-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会