お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-15 13:40
小型共振素子による体内局所加温に関する集中素子の検討
中野晃次二川佳央国士舘大MW2016-142 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-142
抄録 (和) MRIでは撮像のために電磁波が使用されている.その電磁波エネルギーを利用し,小型共振素子に対してエネルギーを伝送し発熱を促進することによる温熱治療の実現について検討する.本研究では,体内に挿入した小型共振素子をMRIから照射されるRF信号により磁界共鳴させ,無線電力伝送を行うと同時に,抵抗加熱により温度上昇させ温熱治療をする.電磁界シミュレータを使用し,高い効果と優れた伝送特性を実現させるため,集中素子として挿入するインダクタンスとキャパシタンスの値を調整し,小型共振素子への伝送特性とSARの評価を行う. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 無線電力伝送 / 共振素子 / RF加熱 / 核磁気共鳴画像装置 / 温熱治療 / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 363, MW2016-142, pp. 57-60, 2016年12月.
資料番号 MW2016-142 
発行日 2016-12-08 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2016-142 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-142

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2016-12-15 - 2016-12-16 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy 
テーマ(和) 学生研究会/マイクロ波一般 
テーマ(英) Students Session / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小型共振素子による体内局所加温に関する集中素子の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Lumped Element on Local Heating in Biological Body Using Small Resonant Device 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 /  
キーワード(2)(和/英) 共振素子 /  
キーワード(3)(和/英) RF加熱 /  
キーワード(4)(和/英) 核磁気共鳴画像装置 /  
キーワード(5)(和/英) 温熱治療 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 晃次 / Akitsugu Nakano / ナカノ アキツグ
第1著者 所属(和/英) 国士舘大学 (略称: 国士舘大)
Kokushikan University (略称: Kokushikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二川 佳央 / Yoshio Nikawa /
第2著者 所属(和/英) 国士舘大学 (略称: 国士舘大)
Kokushikan University (略称: Kokushikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-15 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2016-142 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.363 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2016-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会