電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-14 14:40
Xtion PRO LIVE 白杖システムによる上り/下り階段の認識に関する基礎的検討
中川翔平滝沢穂高筑波大)・青柳まゆみ愛知教大)・江崎修央鳥羽商船高専)・水野慎士愛知工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) これまで我々の研究グループでは,視覚障がい者が環境中の椅子,机,上り階段,下り階段,エレベータ,手摺を認識することを支援する Kinect 白杖システムを提案してきた.本報告では,より小型軽量で商用電源が不要な Xtion PRO LIVE センサを白杖に搭載したシステムを用いて上り階段と下り階段を認識する実験をおこない,その結果を示す. 
(英) We proposed a Kinect cane system which helps visually impaired individuals recognize chairs, desks, staircases, elevators, and handrails. In this study, we conduct experiments to recognize upward and downward staircases by use of a Xtion PRO LIVE cane system that is lighter in weight and does not need commercial power supply. Several recognition results are shown.
キーワード (和) 視覚障がい者 / 白杖 / Xtion PRO LIVE / 上り階段 / 下り階段 / 認識 / /  
(英) The visually impaired / White Cane / Xtion PRO LIVE / Upward staircases / Downward staircases / Recognition / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 360, WIT2016-49, pp. 23-26, 2016年12月.
資料番号 WIT2016-49 
発行日 2016-12-07 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT HI-SIGACI  
開催期間 2016-12-14 - 2016-12-15 
開催地(和) 産総研臨海副都心センター 
開催地(英) AIST Tokyo Waterfront 
テーマ(和) 障害者支援技術および一般(予定) 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. (tentative) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2016-12-WIT-SIGACI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Xtion PRO LIVE 白杖システムによる上り/下り階段の認識に関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Preliminary Study on Recognition of Upward/Downward Staircases Based on a Xtion PRO LIVE Cane System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障がい者 / The visually impaired  
キーワード(2)(和/英) 白杖 / White Cane  
キーワード(3)(和/英) Xtion PRO LIVE / Xtion PRO LIVE  
キーワード(4)(和/英) 上り階段 / Upward staircases  
キーワード(5)(和/英) 下り階段 / Downward staircases  
キーワード(6)(和/英) 認識 / Recognition  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 翔平 / Shohei Nakagawa / ナカガワ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 穂高 / Hotaka Takizawa / タキザワ ホタカ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 まゆみ / Mayumi Aoyagi / アオヤギ マユミ
第3著者 所属(和/英) 愛知教育大学 (略称: 愛知教大)
Aichi University of Education (略称: Aichi Univ. of Education)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 江崎 修央 / Nobuo Ezaki / エザキ ノブオ
第4著者 所属(和/英) 鳥羽商船高等専門学校 (略称: 鳥羽商船高専)
National Institute of Technology, Toba College (略称: Toba College)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 慎士 / Shinji Mizuno / ミズノ シンジ
第5著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: Aichi Institute of Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-14 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2016-49 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.360 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WIT-2016-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会