お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-10 11:55
運動調節機能客観評価による小学生発達状況
青木恭太宇都宮大)・福田宣男鹿沼北)・堀田尚紀宇都宮大ET2016-69
抄録 (和) 視覚刺激に対する両手手指の協調運動を客観計測することにより,運動調節能力を評価するシステムを発案・実現した.これを利用して中規模小学校全生徒,約400名の運動調節能力を計測した.その結果,男子の発達は,小学校全期間を通じて一定であること.女子の発達は,130月を超えると停滞すること.男子と女子130月までの発達速度は等しいこと.男子と女子の発達年齢差は,21月であることなどの知見が得られた. 
(英) We proposed and implemented a method to estimate the motor control function of a human. This paper proposes the result of an experiment that measures all pupils in a primary school. This paper shows following results. The development about motor control function of boys keeps the same pace. The development of girls stops at 130 months old. The developments of boys and girls under 130 months old are same. The development difference between boys and girls is 21 months.
キーワード (和) 運動調節機能 / 詳細計測 / 発達年齢 / / / / /  
(英) Motor control function / Precise measurement / Developmental age / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 351, ET2016-69, pp. 15-20, 2016年12月.
資料番号 ET2016-69 
発行日 2016-12-03 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2016-69

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2016-12-10 - 2016-12-10 
開催地(和) 近畿大学東大阪キャンパス 
開催地(英) Kindai University 
テーマ(和) 身体知・スキル教育/一般 
テーマ(英) Body Intelligence and Skill Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2016-12-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 運動調節機能客観評価による小学生発達状況 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Developments of Elementary School Pupils based on Objective Evaluation of Motion Control Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 運動調節機能 / Motor control function  
キーワード(2)(和/英) 詳細計測 / Precise measurement  
キーワード(3)(和/英) 発達年齢 / Developmental age  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 恭太 / Kyota Aoki / アオキ キョウタ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 宣男 / Norio Fukuda / フクダ ノリオ
第2著者 所属(和/英) 鹿沼市北小学校 (略称: 鹿沼北)
Kanumakita elementary school (略称: Kanumakita-syo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 尚紀 / Hisanori Hotta /
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-10 11:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2016-69 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.351 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2016-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会