お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-09 04:35
大規模空間におけるプロカムシステムの位置合わせの自動化
謝 淳亀田能成鈴木健嗣北原 格筑波大
抄録 (和) 我々は,プロジェクションマッピングとしてイベント,展示会,エンターテイメントなどへの導入が進む映像投影を学校の体育館に導入し,教育活動の支援を目的とした研究に取り組んでいる.大規模空間への投影では,複数台のプロジェクタの画面をつなぎ合わせることで一つの大画面を実現しているが,プロジェクタと投影面の距離が遠いため,レンズ歪みの影響が大きくなり画面の位置合わせの精度が低下するという問題が存在する.従来の映像投影システムでは,手作業位置合わせ作業によりズレを解消しているが,本発表では,プロカムシステムを用いることにより,大規模空間投影システムのレンズ歪みを解消し,位置合わせの自動化を実現する手法を提案する. 
(英) We are introducing large-scale projection mapping system to school gymnasium aiming to support school activities. Large-scale projection is usually realised by aligning image from multiple projectors. However, the accuracy of alignment will be affected by the projector's lens distortion whose effect is enlarged when a projector is far from the target surface. Traditionally, the misalignment of projector images is corrected manually. In this paper, we purpose a method to perform projector image undistortion as well as alignment automatically by utilizing projector-camera systems.
キーワード (和) プロカムシステム / 位置合わせ / レンズ歪み / 大規模空間 / 体育館 / / /  
(英) projector camera system / image alignment / lens distortion / large scale space / gymnasium / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-09 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi City Culture Plaza (CUL-PORT) 
テーマ(和) HCGシンポジウム2016 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2016-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模空間におけるプロカムシステムの位置合わせの自動化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Calibration for Large-scale Projector-Camera System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロカムシステム / projector camera system  
キーワード(2)(和/英) 位置合わせ / image alignment  
キーワード(3)(和/英) レンズ歪み / lens distortion  
キーワード(4)(和/英) 大規模空間 / large scale space  
キーワード(5)(和/英) 体育館 / gymnasium  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 謝 淳 / Chun Xie / シャ ジュン
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 能成 / Yoshinari Kameda / カメダ ヨシナリ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 健嗣 / Kenji Suzuki / スズキ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 格 / Itaru Kitahara / キタハラ イタル
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-09 04:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会