電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-09 14:40
対話的文脈可視化システム
割石奈生野口和久九大)・相場 亮芝浦工大)・鈴木孝彦廣川佐千男九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 万葉集は現存する日本最古の歌集である。万葉集には7世紀から8世紀にかけて詠まれた約4500首の 和歌が収められている。一方、日本最初の勅撰和歌集として古今和歌集が存在する。 古今和歌集は 905 年に成立し たとされており、約 1100 首が収められている。万葉集・古今和歌集に関する研究は多くあり、その中で万葉集・ 古今和歌集の歌風の違いなどが指摘されている。本稿ではこのように異なる歌風を持った2つの歌集について季節 に関わる単語に着目し、それらが使われている文脈を可視化して比較を行った。 
(英) Manyo-shu is the oldest Japanese waka poetry collection. Manyo-shu contains about 4,500 waka poetry which were written between the 7th and 8th centuries. On the other hand, Kokin-waka-shu is first original chokusen-waka-shu (officially selected anthologies of waka poetry). Kokin-waka-shu is said to have been written in 905, and it contains about 1100 waka poetry. There are many researches on Manyo-shu and Kokin-waka-shu. In these researches, the differences between Manyo-shu and Kokin-waka-shu is often pointed out. In this paper, we focused on such differences and visualized the context where seasonal words are used in Manyo-shu and Kokin-waka-shu. Then we compared the context.
キーワード (和) 万葉集 / 古今和歌集 / 可視化システム / / / / /  
(英) Manyo-shu / Kokin-waka-shu / Visualization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 350, AI2016-17, pp. 27-32, 2016年12月.
資料番号 AI2016-17 
発行日 2016-12-02 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2016-12-09 - 2016-12-09 
開催地(和) 健康温泉館 クアージュゆふいん 
開催地(英)  
テーマ(和) 「コンテキストを意識した知識の利用」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2016-12-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 対話的文脈可視化システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interactive Visualization System of Contexts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 万葉集 / Manyo-shu  
キーワード(2)(和/英) 古今和歌集 / Kokin-waka-shu  
キーワード(3)(和/英) 可視化システム / Visualization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 割石 奈生 / Nao Wariishi / ワリイシ ナオ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 和久 / Kazuhisa Noguchi / ノグチ カズヒサ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相場 亮 / Akira Aiba / アイバ アキラ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 孝彦 / Takahiko Suzuki / スズキ タカヒコ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣川 佐千男 / Sachio Hirokawa /
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-09 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2016-17 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.350 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2016-12-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会