電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-08 14:15
Digitized-Radio-over-Fiber伝送による光映像配信システムの提案
椎名亮太藤原稔久谷口友宏須川智規NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地上デジタル放送,BSデジタル放送やCSデジタル放送などの基幹放送波の有線系による再放送として,HFCやFTTH等によるRF方式が広く用いられている.RF方式はエアーによる放送信号と同じインタフェースのため,構内及び宅内での既設同軸配線が利用可能であることに加えて,パススルー伝送では,テレビ受像機を直接受信機として利用できる.一方,RF方式による既存光映像配信システムはアナログ伝送のため,通信用NWとの装置共用化や中継及びアクセスNWの長延化,多分岐化に課題がある.本稿ではDRoF方式を利用することにより,既存光映像配信システムと同様のRFインタフェースを有しつつNW区間において信号をデジタル伝送することで通信用NWと装置共用化し,更なる長延化,多分岐化に対応可能な新たな光映像配信システムを提案する.また,提案システムの解析モデルより,DRoF伝送時の伝送レートを算出した結果についても述べる. 
(英) As a wired rebroadcasting service, RF (Radio Frequency) transmission system with HFC or FTTH has been widely used to transmit broadcasting signals via DTT (Digital Terrestrial Television Broadcasting), BS (Broadcasting Satellite) and CS (Communications Satellite). Since the RF system conveys the broadcasting signals without any changes for modulation or signal, it enables customers to utilize existing coaxial cables which are used commonly in the customer premises environment. In addition, existing TV sets are utilized as a receiver without STB (Set top box). However, the RF transmission system has some problems such as increase of CAPEX/OPEX due to the limitation of transmission distance and branches, since the system needs a dedicated network constructed only for the analog transmission.
In this paper, we propose a novel digital video transmission system using DRoF (Digitized Radio over Fiber) technology, which realizes the digital transmission of the RF-based broadcasting signals with retaining the existing input/output interface of the RF signal to/from the transmission network. This system also enables RF-based broadcasting signals to overlay on the exiting digital communication system by sharing the network equipment. We also indicate the transmission rate calculated by analytical model for the proposed system.
キーワード (和) 光映像配信システム / RF信号 / DRoF / 再放送 / / / /  
(英) Optical Video Distribution System / RF Signal / DRoF / Rebroadcasting / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 346, CS2016-52, pp. 39-43, 2016年12月.
資料番号 CS2016-52 
発行日 2016-12-01 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE CS IPSJ-AVM ITE-BCT  
開催期間 2016-12-08 - 2016-12-09 
開催地(和) 石川県地場産業振興センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2016-12-IE-CS-AVM-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Digitized-Radio-over-Fiber伝送による光映像配信システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of The Optical Video Distribution System Using Digitized-Radio-over-Fiber Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光映像配信システム / Optical Video Distribution System  
キーワード(2)(和/英) RF信号 / RF Signal  
キーワード(3)(和/英) DRoF / DRoF  
キーワード(4)(和/英) 再放送 / Rebroadcasting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 椎名 亮太 / Ryota Shiina / シイナ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 稔久 / Toshihito Fujiwara / フジワラ トシヒト
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 友宏 / Tomohiro Taniguchi / タニグチ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須川 智規 / Tomoki Sugawa / スガワ トモキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-08 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2016-52,IEICE-IE2016-88 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.346(CS), no.347(IE) 
ページ範囲 pp.39-43 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CS-2016-12-01,IEICE-IE-2016-12-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会