電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-08 11:00
Reinhardのグローバルオペレータのための特異点を考慮した逆トーンマッピング法
木下裕磨塩田さやか貴家仁志首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,Reinhardのグローバルオペレータのための特異点を考慮した逆トーンマッピング法を提案する.
逆トーンマッピングには,既存のLDR画像からHDR画像を生成すること,および,マッピングされたLDR画像からHDR画像を再構成することという2つのアプリケーションがある.
提案法はReinhardのグローバルオペレータの逆変換により,これら2つのアプリケーションに適用可能な逆トーンマッピングを実行する.
Reinhardのグローバルオペレータには,$alpha, overline{L}_w$という2つのパラメータがあり,その逆変換にはこれらパラメータの記憶が必要とされる.
提案法は,マッピング時の特異点回避の影響を考慮することによって,1つのパラメータのみを用いてReinhardのグローバルオペレータの逆変換を可能とする.
実行時間と再構築されたHDR画像の品質の観点から従来法との比較実験を行い,提案法の有効性が示される. 
(英) A number of inverse tone mapping operators for dynamic range expansion have been proposed due to the need to visualize low dynamic range (LDR) images on high dynamic range (HDR) devices.
This paper proposes a novel inverse tone mapping operator (TMO) considering singularities for Reinhard's global operator.
Inverse TM operations have two applications: generating an HDR image from an existing LDR one, and reconstructing an HDR image from a mapped LDR image.
The proposed inverse TMO allows to be applied to both applications.
When the inverse transform of Reinhard's global operator is performed, two parameters $alpha$ and $overline{L}_w$ are generally needed to be stored.
The proposed method enables to carry out the inverse transform with only one parameter by considering singularities in Reinhard's global operator.
Experimental results show the effectiveness of the proposed inverse TMO by comparing the proposed one with conventional ones.
キーワード (和) HDR画像 / トーンマッピング / 逆トーンマッピング / / / / /  
(英) HDR Image / Tone Mapping / Inverse Tone Mapping / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 344, SIS2016-29, pp. 7-12, 2016年12月.
資料番号 SIS2016-29 
発行日 2016-12-01 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2016-12-08 - 2016-12-08 
開催地(和) 広島市立大学サテライトキャンパス 
開催地(英) Hiroshima City Univ. 
テーマ(和) システムオンシリコン,近距離無線通信応用システム,一般 
テーマ(英) System on Silicon, Short Range Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2016-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Reinhardのグローバルオペレータのための特異点を考慮した逆トーンマッピング法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Inverse Tone Mapping Scheme Considering Singularities for Reinhard's Global Operator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HDR画像 / HDR Image  
キーワード(2)(和/英) トーンマッピング / Tone Mapping  
キーワード(3)(和/英) 逆トーンマッピング / Inverse Tone Mapping  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 裕磨 / Yuma Kinoshita / キノシタ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 さやか / Sayaka Shiota / シオタ サヤカ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-08 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2016-29 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2016-12-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会