電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-08 22:45
職場うつ予防のための組織シミュレータに関する一考察(第3報) ~ 人数条件とメッセージ受発信特性条件の影響について ~
塩野目剛亮TBGU
抄録 (和) 筆者らは,近年社会問題となっている職場うつ予防のため,人間関係の変動を可視化する組織シミュレータの開発,およびメッセージ理論に基づいたコミュニケーションモデルの検討を続けてきている.本稿では,現状のモデル・シミュレータにおいて,いくつかの人数条件と個人特性条件を変化させたシミュレーション結果について報告する. 
(英) We have investigated the organization simulator as a means to prevent workplace depression. The simulator and its communication model show the behaviors of human relationships based on the idea of ‘Message Theory’.
In this report, we investigate the effects of the organization sizes (number of person), the message receiving/sending characteristics, and position of the person. The conditions of simulation are (1) Friends (2 persons), (2) Family (Baby, Mother, and Father), and (3) Workplace (9 persons). As a result, the personal and organizational statuses (positions of the persons, mean distance, and mean mental health index) are varied according to the posteriori condition.
キーワード (和) 職場うつ / メンタルヘルス / 組織アセスメント / シミュレーション / 社会的孤立 / / /  
(英) Workplace depression / Mental health / Organization Assessment / Simulation / Social isolation / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-09 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi City Culture Plaza (CUL-PORT) 
テーマ(和) HCGシンポジウム2016 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2016-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 職場うつ予防のための組織シミュレータに関する一考察(第3報) 
サブタイトル(和) 人数条件とメッセージ受発信特性条件の影響について 
タイトル(英) A Study on Organization Simulator as a Means to Prevent Workplace Depression Part 3 
サブタイトル(英) Effects of the Organization Sizes and the Message Receiving/Sending Characteristics 
キーワード(1)(和/英) 職場うつ / Workplace depression  
キーワード(2)(和/英) メンタルヘルス / Mental health  
キーワード(3)(和/英) 組織アセスメント / Organization Assessment  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(5)(和/英) 社会的孤立 / Social isolation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩野目 剛亮 / Takeaki Shionome / シオノメ タケアキ
第1著者 所属(和/英) 東北文化学園大学 (略称: TBGU)
Tohoku Bunka Gakuen University (略称: TBGU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-08 22:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会