お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-07 14:45
曲線をなぞる運動におけるサッケード位置の解析
中村晋之介豊橋技科大)・尾崎紀夫名大)・定藤規弘井本敬二自然科学研究機構)・宍戸恵美子名大/自然科学研究機構)・福村直博豊橋技科大NC2016-43
抄録 (和) ヒトが線を正確になぞるためには,視覚と手先位置の情報を協調させて腕を制御すると考えられる.本研究では,この協調制御を調べるために,なぞり運動時のペン先位置と視線位置を同時計測した.解析の結果,ペン先が手本軌道上の曲率が大きくなる部分を通過し終えたタイミングでサッケードの発生頻度が高くなることが分かった.この傾向は,手本軌道全体での曲率変化が大きい軌道で見られ,直線や曲率変化の小さい軌道では見られなかった.これは,描くのが難しい曲率の大きな部分を描き終わった後にサッケードが起こっているためと考えられる. 
(英) In tracing tasks, gaze information is important to the human arm movement like a handwriting movement. Some studies showed that the gaze precedes the pen-tip. In this study, the gaze precedence, saccadic position and timing when the subject were required to trace straight or curved paths were examined in more detail. As a result, as the number of the point with high curvature increased, the number of fixation increased, and saccade length decreased. And the interval time between a saccade and next saccade did not change. Finally, when the subjects traced the more complex curved paths, saccade often occurred after the pen-tip passed the point with high curvature. This result suggests that humans may carefully observe the point that is difficult to trace like the point with high curvature.
キーワード (和) 目と手の協調制御 / なぞり運動 / 視線計測 / ジャーク最小軌道 / / / /  
(英) Eye-hand coordination / Tracing / Eye movement measurement / Minimum-jerk trajectory / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 343, NC2016-43, pp. 19-24, 2016年12月.
資料番号 NC2016-43 
発行日 2016-11-30 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2016-43

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-07 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 
開催地(英) Toyohashi University of Technology 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2016-12-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 曲線をなぞる運動におけるサッケード位置の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An analysis of saccade positions in tracing tasks. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 目と手の協調制御 / Eye-hand coordination  
キーワード(2)(和/英) なぞり運動 / Tracing  
キーワード(3)(和/英) 視線計測 / Eye movement measurement  
キーワード(4)(和/英) ジャーク最小軌道 / Minimum-jerk trajectory  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 晋之介 / Shinnosuke Nakamura / ナカムラ シンノスケ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾崎 紀夫 / Norio Ozaki / オザキ ノリオ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 定藤 規弘 / Norihiro Sadato / サダトウ ノリオ
第3著者 所属(和/英) 自然科学研究機構生理学研究所 (略称: 自然科学研究機構)
National Institute for Physiological Sciences (略称: NIPS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井本 敬二 / Keiji Imoto / イモト ケイジ
第4著者 所属(和/英) 自然科学研究機構生理学研究所 (略称: 自然科学研究機構)
National Institute for Physiological Sciences (略称: NIPS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宍戸 恵美子 / Emiko Shishido / シシド エミコ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学/自然科学研究機構生理学研究所 (略称: 名大/自然科学研究機構)
Nagoya Univ./National Institute for Physiological Sciences (略称: Nagoya Univ./NIPS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 福村 直博 / Naohiro Fukumura / フクムラ ナオヒロ
第6著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-07 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2016-43 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2016-11-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会