電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-07 10:55
オシロメトリック血圧計用点検装置の開発 ~ カフに伝達する動脈圧脈波の利用 ~
菅原ちはる黒田 聡菅原俊継秋山正晴木村主幸北海道科学大
抄録 (和) 現在医療機関や家庭内で使用されている電子血圧計は,オシロメトリック測定手法として採用しているものがほとんどであるが,表示する血圧値の精度に関する研究は少ないのが現状である.我々はこれまで,カフに伝達する動脈圧脈波を利用したオシロメトリック血圧計用点検装置の開発を行ってきた.本点検装置は,人体の血液循環を模擬する体循環模擬部と,カフから圧脈波を得るための上腕模擬部で構成した.点検装置の現状評価として,2種類のオシロメトリック血圧計で血圧測定を行った結果,?血圧測定不能となる血圧計があること,?観血式血圧値と比べ,オシロメトリック血圧計での測定値が高くなるという2つの問題点があった.本検討では,観血式血圧値とオシロメトリック血圧計での測定値の差が皮膚を模擬しているゴム膜による圧力損失であることが確認できたので報告する. 
(英) Most of the used electronic sphygmomanometer in the medical facilities and home is the oscillometric blood pressure device. Only a few papers have been reported on accuracy of values displayed oscillometric blood pressure monitor. We have developed the inspection device using artery pressure pulse wave transmitting to the cuff for oscillometoric blood pressure measuring equipment. Inspection device consist of simulated part of the extracorporeal circulation and the upper arm for wind up cuff. For two kinds of oscillometric blood pressure measuring equipment, we tested developed the inspection device. As a result of oscillometolic blood pressure values was higher than invasive blood pressure device, or did not display. In this present report, we discuss pressure difference between oscillometolic blood pressure values and invasive blood pressure values.
キーワード (和) オシロメトリック血圧計 / 点検装置 / 動脈圧脈波 / / / / /  
(英) Oscillometric measurement / blood pressure / artery pressure pulse wave / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 342, MBE2016-58, pp. 7-12, 2016年12月.
資料番号 MBE2016-58 
発行日 2016-11-30 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-07 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 
開催地(英) Toyohashi University of Technology 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2016-12-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オシロメトリック血圧計用点検装置の開発 
サブタイトル(和) カフに伝達する動脈圧脈波の利用 
タイトル(英) Development of inspection device for oscillometric blood pressure measuring equipment 
サブタイトル(英) Utilization of artery pressure pulse wave transmitting to the cuff 
キーワード(1)(和/英) オシロメトリック血圧計 / Oscillometric measurement  
キーワード(2)(和/英) 点検装置 / blood pressure  
キーワード(3)(和/英) 動脈圧脈波 / artery pressure pulse wave  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 ちはる / Chiharu Sugawara / スガワラ チハル
第1著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaido University of Science (略称: HUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 聡 / Satoshi Kuroda / クロダ サトシ
第2著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaido University of Science (略称: HUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 俊継 / Toshitsugu Sugawara / スガワラ トシツグ
第3著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaido University of Science (略称: HUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 正晴 / Masaharu Akiyama / アキヤマ マサハル
第4著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaido University of Science (略称: HUS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 主幸 / Kazuyuki Kimura / キムラ カズユキ
第5著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaido University of Science (略称: HUS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-07 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2016-58 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2016-11-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会